62歳パソコン教師の日記 NO.384(2001.2.4)


 日曜日の夜、如何お過ごしですか? お昼から楽しみにしていた「別大マラソン」をテレビで観戦しました。今日も悪寒がひどく、マラソンを観終わって直ぐにベッドに入ってしまいました。8時に起きてこのマガジンを書いています。

 SB食品の西田が優勝、福岡マラソンの藤田に続き、男子も期待が持てるようになってきましたね。これは、日本人選手が積極的にレースをするようになったからだと思います。自分の力相応のペースを守って走ることは大切なことだとは思いますが、前を走る選手が遅れてくるのを待っているような他力本願では駄目だと思います。

 大きな大会では、練習時とは比べものにならない力を発揮することがあります。最初から普段以上の走りをしても、そのペースで最後まで走りきる可能性もあるのです。互いに牽制し合い、最後には相手にスパートをされて置いていかれるレースは、見ていても嫌になります。

 人生でもそうです。常に背伸びをして生きるのは嫌ですが、ここぞと思った時は失敗を恐れずにスパートするべきです。自分でも気付かなかった力を発揮できるかもしれません。万一失敗しても、その経験を活かし次のレースに挑めば良いのです。40代、50代では、まだ何度でもやり直すチャンスがありますよ。

 不平不満を持ちながら、現状から抜け出す勇気がなければ、一生後悔をします。私はそう思って何度も事業に失敗してきましたが、自分で選んだ道ですから後悔はしていません。寧ろ、やるだけやったのだからと清々しい気分です。と言っても人生が終わったわけではありません。チャンスがあれば何度でもチャレンジしようと思っています。

【復元ポイントの作成】

 パソコン雑誌の付録 CD-ROM にはフリーウェア、シェアウェア、体験版などのソフトが入っています。これらをインストールして使ってみて、さて、アンインストールをしようとするとうまくいかず、トラブルが発生することもあります。

 これらはインストール時にレジストリを書き換え、アンインストール時に元に戻さないからです。「Windows Me」を使っているのなら、このようなトラブルも心配ありません。

 ソフトをインストールする前に、次の手順でシステムの復元ポイントを作成しておきます。

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」とクリック、→「復元ポイントを作成します」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

  2. 「復元ポイントの説明」欄に、復元ポイントの作成が何時の時点か判るような説明を入力して、→「次へ」ボタンをクリックします。

  3. 作成の日時と「2」で入力した説明文が表示されます。→「OK」ボタンをクリックします。
 以上で復元ポイントの作成は完了です。では、ソフトをインストールして使ってみましょう。ソフトをアンインストールする方法はソフトによって異なりますから、ソフトに付属の「readme.txt」などを読んで行ないます。

 正しくアンインストールされれば良いのですが、不具合が生じた場合には「システムの復元」を行ないます。

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」とクリック、→「コンピュータを以前の状態に戻します」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

  2. 「復元ポイントの選択」のカレンダーで日付を選択すると、右欄に説明文が表示されます。→選択して、→「次へ」ボタンをクリックします。

  3. 開いているプログラムを終了させ、→「次へ」ボタンをクリック、さらに「次へ」ボタンをクリックすると、システムの復元が行なわれ、→再起動されます。→「OK」ボタンをクリックすると完了です。