62歳パソコン教師の日記 NO.396(2001.2.18)


 日曜日の朝、如何お過ごしですか。今日はお昼から「東京国際マラソン」が行なわれますね。とても楽しみです。またまた昨日もマガジンを休刊してしまい、誠に申し訳ありません。

 あと数日で掲示板開設一周年です。この機会に新たに何かを始めようと、かなり前から徳さんと相談をしていました。その結果、読者の皆さんからもご要望が多い「チャット」を開設することにしました。

 私は、「チャット」は若い連中がやるものと決めつけていたので、一度も利用したことはありませんでした。

 実は、数日前の掲示板に「もーさん」から「ツリー形式の掲示板の方が見やすいのでは?」とうご意見が載っており、「m@さん」が「ヘミングさんはきっと対応してくれるようになるでしょうね」と応えていました。

 レンタルサーバーに移行してCGIが利用できるようになったのですから、レンタル掲示板をやめて自前の掲示板を作ろうと、一昨日は久しぶりにCGIに取組んでいました。

 ツリー形式だと質問に対する答えが一緒になっていて便利ですが、新しい発言が判りづらいという欠点もあります。そこで、発言に番号を付け、レスの場合は元の発言の番号と題名が自動的に入るようにしました。

 現在の掲示板はパソコンに関する質問と回答が主になっていますので、ついでに二つ目の掲示板も作り、パソコン以外のことを気軽に書き込んで貰おうと思いつきました。この掲示板を作成中に、気軽におしゃべりをするのならチャットの方が良いのでは?と考えました。早速、目的を変更して、徹夜でチャットの作成に取り掛かりました。

、朝にはアップロードも終わり、テストと修正をしていました。ところが、修正を繰り返す内におかしくなり、ついにはアップロードをしたファイルを一旦削除してしまいました。

 自分のパソコン内で修正をして、アップロードとパーミッションの設定を終えてアクセスするとエラーが表示されます。何度やっても同じです。とうとう深夜になってしまいました。前夜の徹夜で頭が朦朧としていてはこれ以上無理です。夢中になっていたので、マガジンのことはすっかり忘れて寝てしまいました。

 今日は早くから起き出して昨夜の続きを始めました。二日ぶりに睡眠をとったので、今朝は私なりに頭が冴えています。昨日の失敗を振り返ってみました。アップロードしたファイルの記述には間違いはない、アップロードの転送もアスキーモードでやっている。パーミッションの設定も間違いはないのですから成功する筈なのです。

 そこで考えついたのは、FTPソフトを換えてみることです。今まで使っていたFTPソフト(WS_FTP95)にはパーミッションの設定機能がないので、数日前から新しいソフト(FFFTP)を使っていました。 アップロードを以前のソフトで行い、新しいソフトでパーミッションの設定をしました。

 恐る恐るアクセスすると見事に表示されました。新しいソフトを使って一度は成功していたので、まさかアスキーモードで転送してCGIファイルが壊れることがあるとは思いませんでした。

 そんなわけで、あと少しテストを行なってから正式スタートします。スタートの日時は今日午後8時です。どなたが一番乗りをするか今から楽しみですね。沢山の人がご参集くださいますようお願い申し上げます。

【CGIについて】

 CGIは「Common Gateway Interface」の略で、直訳すれば「共通の橋渡し」です。CGIはプログラムだと思っている人がいますが、厳密にいうとプログラムをHTTPサーバーで動かすルールと仕組みのことなのです。

【パーミッションについて】

 サーバーにアップロードしたファイルは、第三者が見ようと思えば見ることができますし、改ざんしたり削除することも可能です。これを防ぐためにファイル毎に与える権限のことをパーミッションといいます。

 「読み取り」「書き込み」「実行」の3種類の行為に対し、「オーナー」「グループ」「ユーザー」に権限を与えるか与えないかを3桁の数字で設定します。

 例えば「777」なら「オーナー」「グループ」「ユーザー」に「読み取り」「書き込み」「実行」の権限を与えるということです。

 「604」なら、「オーナー」には「読み取り」「書き込み」、「グループ」には無し、「ユーザー」には「読み取り」の権限を与えるということです。

 3桁の数字は8進数で、左から「オーナー」「グループ」「ユーザー」の権限を表します。読み取り=4、書き込み=2、実行=1、ですから、権限のある数字を加えればよいのです。

 自前のチャットを開設するには、レンタルサーバーなら問題ありませんが、プロバイダのホームページスペースを利用している場合は、自作CGIの使用が許可されていなければなりません。

 「掲示板」の作成方法は「SALTY」の「ホームページサンプル集」の中に載っていますが、「チャット」の作成方法も数日後にアップします。