62歳パソコン教師の日記 NO.403(2001.2.25)


 昨夜の10時半から今朝の5時まで、サーバーのトラブルでホームページへのアクセスが困難になり、皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

 【Windows のタスクバー】

  1. 「スタート」ボタンがある一番下の帯を「タスクバー」といいます。

     ウインドウを開いているとデスクトップのショートカットアイコンは隠れてしまいますが、タスクバーはいつも表示されていますから便利です。

     画面を広く使いたい場合は「タスクバー」を非表示にできます。「タスクバー」の何もないところを右クリック、→「プロパティ」をクリックして「タスクバーのプロパティ」を表示、→「自動的に隠す」にチェックを付けると「タスクバー」が表示されません。マウスポインタを画面最下部に移動すると「タスクバー」が表示されます。

  2. 「スタート」ボタンの隣りの「IE」や「OE」のアイコンがある部分を「クイック起動バー」といいます。

     デスクトップのショートカットアイコンはダブルクリックしなければなりませんが、「クイック起動バー」にあるアイコンはシングルクリックで起動することができます。

     ここにソフトやファイルのアイコンをドラッグ&ドロップして追加することができます。

     「クイック起動バー」に沢山のアイコンを追加すると全てのアイコンを常に表示することができません。これでは不便ですね。「クイック起動バー」をデスクトップにドラッグします。デスクトップに「Quick Launch」という簡易ランチャーが出来ます。

     この「Quick Launch」には「クイック起動バー」に入れた全てのショートカットアイコンが表示されます。デスクトップに置くのならデスクトップのショートカットアイコンと同じことだろうと思われるでしょうが、アイコンのサイズが小さいので場所をとりませんし、シングルクリックで起動することができますから便利です。

     「Quick Launch」自体のサイズも自由に変更できます。マウスポインタを四隅、又は各辺に合わせると両方向矢印に形が変わります。そのままドラッグすると拡大・縮小が出来ます。「タイトルバー」をドラッグすれば自由に移動も出来ます。

     
  3. 「タスクバー」右端の「音量(スピーカー)」アイコンなどがある部分を「タスクトレイ」といいます。

     日本語入力システム(IMEやATOK)、時刻表示、ウィルス対策ソフトなど、常時起動ソフトのアイコンが表示されています。

     ここにある常時起動アイコンを右クリック、→「xxxを無効にする」をクリックすると常時起動を一時的にキャンセルすることができます。
 バックナンバー No.370 〜 No.390 をアップしました。ダウンロードをしてご利用ください。