62歳パソコン教師の日記 NO.404(2001.2.26)


 今日の午前11時頃に、HPのアクセスカウンターが10万になりました。開設してから2年8ヶ月でした。今でこそ1日のアクセス数は500前後ですが、開設した当初は50以下の日が続きました。それが日を追う毎に50を超え、100になり100を超え、200になりと増え続けてきました。

 特に、このマガジンを発行をしてからの伸びは急激でした。こうして10万アクセスを達成できたのも、マガジンの読者の皆さんのお陰と感謝しています。マガジンの400号、HPの10万アクセスと嬉しいことが続いています。

 今回は、99,999 のぞろ目と 100,000 のキリ番、その前後賞をゲットされた4名の方はすべて読者の方々でした。私が作ったCD−Rをお送りしますので、送り先をご連絡ください。

 10万アクセス達成を喜んだのも束の間、マシンの具合がおかしくなってしまいました。しかし「Windows Me」なら「システムの復元」をすれば簡単に以前の状態に戻すことができます。ちょっと具合が悪くなると、正常だった日に遡って復元していました。

 ところが、今日は実行して再起動をすると「システムの復元に失敗しました」というエラーが表示されました。それから何度も繰り返したのですが同じことの繰り返しです。

 仕方なく、クリーンインストールを行いました。「システムの復元」で用が足りていたので、数ヶ月ぶりのクリーンインストールです。あれこれ弄っているよりは、クリーンインストールをした方が手っ取り早いし、確実ですからね。

 パソコンショップで売られている一般のパソコンの場合は「リカバリーCD」がありますから、簡単に「工場出荷時状態」にすることが可能です。私の「DELL」コンピューターには「リカバリーCD」がありませんから、コマンドを入力して「Windows」のインストールからしなければなりません。

 その前にしておかなければならないのがバックアップです。ソフトなどは後からインストールをすれば良いですが、自分で作った「データファイル」や「アドレス帖」「メールデータ」などはバックアップをしておかなくてはなりません。

 バックアップにはMOやCD−Rなどの記憶装置を使う人が多いですが、1枚のメディアに650MB程度しか保存できません。私は2個目のハードディスクを増設していますので、エクスプローラでそこにドラッグ&ドロップしています。

 最近はハードディスクが安いですね。20GBでも1万円ちょっとで買えますよ。こんなに安い記憶装置は他にはありません。バックアップ用にハードディスクの増設をお勧めします。

 ハードディスクが1個でもパーティションを分けていれば同じことです。CドライブとDドライブに分けてあれば、DドライブにコピーしてからCドライブをフォーマットして再インストールをすれば良いのです。

 自分で作った「データファイル」のバックアップはフォルダごとドラッグ&ドロップをすればOKですから簡単です。

 OEの「アドレス帖」のバックアップは「ファイル」→「エクスポート」→「アドレス帖」とクリック、保存する形式を「.csv」、保存する場所を指定します。元に戻す時は「ファイル」→「インポート」→「アドレス帖」とクリック、保存したファイルをしていすれば良いのです。

 メールデータの場合は、まず保存されているフォルダを確認します。「ツール」→「オプション」とクリック、→「メンテナンス」タブを開きます。

 「保存フォルダ」ボタンをクリックすると「保存場所」が表示されます。普通は「C:\Windows\Application Data\Identities」フォルダに入っていますから、フォルダごとドラッグ&ドロップで他のドライブにコピーします。元に戻す時もフォルダごとドラッグ&ドロップして、上書き保存をします。

 ハードディスクのフォーマット→再インストールを怖がることはありません。終われば新品同様、快適に動きますよ。「リカバリーCD」があるパソコンなら所要時間は1時間以内です。