62歳パソコン教師の日記 NO.438(2001.4.5)


 「CD−R」からコピーしたファイルを修正して上書き保存することが出 来ないのはご存知ですね。これは、ファイルの「属性」が「読み取り専用」 だからなのです。「CD−R」は「読み取り専用」ですから、「CD−R」 にファイルを書き込んだ時に「属性」が「読み取り専用」になってしまいま す。

 ファイルを右クリック、→「プロパティ」をクリックすると「属性」欄に 「読み取り専用」「隠しファイル」「アーカイブ」などがあります。「読み 取り専用」にチェックが付いていると「上書き保存」をすることができない のですが、このチェックを外すと「上書き保存」が可能になります。

 「Windows95/98」では、「エクスプローラ」で「表示」→「フォルダオプ ション」とクリック、→「表示」タブを開き、→「詳細表示でファイルの属 性を表示する」の項目にチェックを付けておくと、「表示」→「詳細」とク リックして「詳細表示」にすると、ファイルの「属性」を表示することがで きます。

 「Windows98SE/Me」にはこの項目がありません。「属性」を表示するには フォルダを開いておき、→「表示」→「列の選択」とクリック、→「属性」 にチェックを付けて、→「OK」ボタンをクリックします。しかし、この設 定はフォルダ毎に行わなければなりません。全てのファイルの「属性」が表 示されていないと不便ですね。では、その設定をしてみましょう。


  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄に「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックします。→「レジストリエディタ」が起動します。

  2. 左欄で、「HKEY_CURRENT_USER」→「Software」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」→「Advanced」と開いていきます。

  3. 右欄の「ShowAttribCol」アイコンをダブルクリックで開き、→「基数」欄の「10進」にチェックを付け、→「値のデータ」欄を半角の「1」にして、→「OK」ボタンをクリックします。

  4. 「レジストリエディタ」の右上隅の「×」をクリックして閉じ、→再起動します。これで、「詳細表示」にすると全てのファイルの「属性」が表示されます。
 「東京オフ会」の準備は着々と進んでいるようです。幹事のおひとり「大 仏さん」が、オフ会当日にオフ会々場とチャットで会話をするためのマニュ アルを作成してくれましたのでご覧ください。

東京オフ会(4/21 PM5:00〜7:30)臨時サイト http://www8.wind.ne.jp/klab/