63歳パソコン教師の日記 NO.463 (2001.5.3)


【バイオスのアップデート】

 昨年の6月12日の No.165 で「バイオス」について書きましたが、今日は「バイオス」の「アップデート」について書きます。

 「バイオス」はハードとOSやアプリケーションソフトとの間を取り持つソフトです。パソコンの電源を入れると、先ず「バイオス」が起動し、接続されているハードを使用可能にして、OSを起動します。

 OSやアプリケーションソフトはハードディスクにインストールされていますが、「バイオス」はマザーボードに装着されているフラッシュROMというチップに書き込まれています。ですから、ハードディスクをフォーマットしても消えることはありません。

 ROMは読み取り専用メモリのことですが、このロムは書き換えが可能です。「バイオス」はソフトですから、当然アップデートをすることができます。「バイオス」をアップデートすることで、古いパソコンに新しい周辺機器を接続することも可能になります。

 自作パソコンは「Award」製、大手メーカー製のほとんどが「Phoenix」製バイオスを使っています。アップデートをするには現在の「バイオス」のバージョンを知っておく必要があります。

 パソコンの電源を入れるとメーカーのロゴが表示され、その画面の一番下に「Press <F2> to enter SETUP」のように表示されます。 セットアップ画面を表示するにはどのキーを押せば良いのか書いてあるのです。

 その画面が表示されている内に、上記例の場合は「F2」キーを押すと「バイオス」画面(セットアップ)が表示されます。「BIOS Version」欄の英数字をメモしておきます。

 このマガジンを書くために、私のパソコン「DELL」で実際にやってみました。電源を入れると「DELL」のロゴが画面一杯に表示され、セットアップ画面を表示するにはどのキーを押すのか表示されません。 「Esc」キーを押すと「Press <DEL> to enter SETUP」と表示されました。

 すかさず「Delete」キーを押すとセットアップ画面が表示され、「Main」ページの「BIOS Version」欄に「4S4EBOX1.10A.0019.P09(A09」と表示されていました。

 「DELL」のホームページへアクセスし、私のパソコンの機種「Dimension XPS R」の「バイオス」をダウンロードしました。「A12」と「A13」があったので「A13」にしました。今までのバージョンは「A09」ということなのでしょう。ダウンロードに要した時間は僅か数秒です。

 バイオスアップデートの方法を表示して印刷をしました。メーカーによって方法が異なりますから、必ず当該メーカー、当該機種の説明を良く読んでから行ってください。この説明に従い、次の作業を行いましたが、拍子抜けするほど簡単に終ってしまいました。
  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックをすると、
     [Dell Computer Self-Extracting Diskette Set] の画面が表示されたので、[Setup] をクリックすると、→「MS-DOSプロンプト」が表示されます。

  2. [Enter] キーを続けて2回押すと [Do you wish to continue?(y/N):] とメッセージが表示されました。

  3. フォーマット済みのフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブに挿入し、[Y] キーを押してから [Enter] キーを押します。

  4. [End of the diskette set. Press Enter.] とメッセージが表示されたら[Enter] キーを押して終了します。

  5. 電源を切り、作成したフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブに挿入して電源を入れます。

  6. [Flash BIOS Upgrade Program] 画面が表示され、
     「Press any key to continue.」 と表示されたら [Enter] キーを押します。

     
  7. [Press 'Y' to replace "A09" BIOS with "A13" BIOS.] と表示されます。(最初の [A09] はアップデート前の BIOS バージョン、後の [A13] はアッ  プデート後の BIOS バージョンが表示されています。)
    [Y]を押します。

  8. [Flash program successful. Press any key to reboot.] と表示されBIOS のアップデートが終了します。FD (BIOSディスク)を抜いて、任意のキーを押し、コンピュータを再起動します。