63歳パソコン教師の日記 NO.477 (2001.5.18)


 昨日、外国のサイトから色々な「Ding Bat」をダウンロードしました。

「Ding Bat」とは「記号」という意味ですが「絵文字フォント」といった方が解りやすいでしょう。アルファベットに割り当てられた絵です。その中で 気に入ったのは汽車の「Ding Bat」です。

 昨日の夕方から、これを使って車両を連結して列車を作りました。好みの形に修正して色を付けました。列車を作ると走らせてみたくなります。当然 マーキーを使って走らせました。昨夜、ホームページにアップしたのでご覧になった人もいらっしゃるでしょう。

 次ぎは背景に線路を入れました。更に街並みも入れてみました。この建物もダウンロードした「Ding Bat」を使って作りました。ここまでは「ホーム ページ講座2部 No.49 マーキーに背景画像を使う」に書いてあります。 窓を透過して背景の街並みが見えるようにしました。アップロードをして眺め、 ひとり悦に入っていました。

 面白くなって、チャットルームに入ることも忘れて何本もの列車を作りました。その列車を右から、左から、速度を変えて一緒に走らせました。この 方法も「No.46 画像の上を雲が流れる」に書いてあります。

 しかし、列車が上下に並んでいます。これでは不自然です。列車が重なっていると現実味がありますね。ところが、私にはどうすれば可能なのか解り ません。色々とやってみましたが、列車が重なってくれません。

 夢中になってやっている内に12時を回ってしまいました。今夜は誰がチャットルームに入っているのだろう? どんな話題で盛り上がっているのだ ろう? などと気になりましたが、こうなっては意地でも成功させたいの一心です。

 外が明るくなってきました。でも、列車を重ねて走らせることはできません。果たして、私がやろうとしていることは可能なのだろうか? という疑 問も湧いてきました。「徹夜は無駄だったのだろうか? いやいや、無駄ということはない、成功しなくても勉強にはなったのだから」と自分を慰めて いました。

 朝風呂に入り気分一心、湯船に浸かりながら考えたタグを入力して「更新」ボタンをクリックしました。「やった〜!」思わず叫んでいました。見事に 成功したのです。

 夕方までかけて修正を繰り返し、アップロードしました。今、タグを見て、どうしてこんな簡単なことに苦労したのだろうと思いました。終ってから は何時もそう思います。しかし、こうして知識がひとつずつ身についていくのですね。

 その内に「ホームページ講座2部」に掲載しますが、ご自分のホームページで使いたい方はソースをコピーしてご自由にお使いください。