62歳パソコン教師の日記 NO.487(2001.5.29)


 マガジンのバックナンバーを10回分か20回分を纏めてHTML形式に 作り直してアップロードをしていましたが、忙しさのために60回分も溜ま ってしまいました。こうなると手を付ける気力も失せてしまいます。一時は 止めてしまおうかとも思いましたが、毎回ダウンロードをして利用されてい る方々のことを考えると、そうもできません。

 そこで、読者の中で私の代わりにHTML形式に作り直してくださる方を 募りましたが、hitomiさんとサラ小川さんお二人が申し出てください ました。昨日までに、このお二人から No.470 までの60回分が届きました。 大変な労力を要する作業です。心よりお二人にお礼を申し上げます。ダウン ロードされる方からも、お二人に労をねぎらうお言葉をお掛け頂ければ嬉し いですね。

 昨日はお二人から届いたHTMLファイルを一刻も早くダウンロードがで きるようにしようと、直ぐに目次作りに取り掛かり、今朝にはアップロード を終えました。どうぞ、ダウンロードをしてご利用ください。


 今日はホームページなどで用いる「クリッカブルマップ」について書きま す。「クリッカブルマップ」はページの表示した画像のある個所にリンクを 埋め込み、クリックするとリンク先のページへ移動するというものです。

<img src="map.gif" width=500 height=384 usemap="#map_map.gif">
<map name="map_map.gif">
<area shape="rect" coords="138,119,208,132" href="next.html">
<area shape="rect" coords="272,101,337,114" href="second.html">
<area shape="rect" coords="388,154,473,167" href="third.html">
</map>

 このように記述します。「coords="138,119,208,132"」はリンクスポット の範囲を指定しています。数値はピクセル単位で、画像の左上隅からみたリ ンクスポットの範囲の左上のX軸・Y軸・右下のX軸・Y軸の座標です。

 なんだか難しそうだと思っているでしょうが、大丈夫ですよ。ソフトを使 えば上記のような記述が簡単にできてしまいます。私が使っているソフトは 「MapMaker」というフリーのオンラインソフトです。下記のサイトからダウ ンロードできます。

 http://www02.u-page.so-net.ne.jp/dc4/morikawa/

 ダウンロードをして解凍すると、 本体の「mma.exe」と「readme.txt」が 展開します。 「mma.exe」をダブルクリックするとソフトが起動するという とてもシンプルなものです。

 「ファイル」→「開く」とクリック、→ページに表示する画像を選択しま す。→画像が表示されたら、ドラッグをしてリンクスポットの範囲を指定し ます。→リンク先の「HTML」ファイルを指定します。

 これで、下欄に上記のような記述が表示されます。→ページのソースを開 き、→画像を表示する個所にこの記述を貼り付けます。これで終りです。

 ホームページに「クリッカブルマップ」を用いると格好の良いページにな りますよ。ぜひ使ってみてください。