62歳パソコン教師の日記 NO.508(2001.6.19)


 HTMLで色を指定するには、カラーネームで指定する方法、赤、緑、青 の三原色をそれぞれ16進法で指定する方法があります。この指定をブラウ ザが読みとって画面に色を表示します。

16進法は小さい方から0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,Fの16の英数字 を用い、一原色を二桁で表します。赤、緑、青の順に続けて表記します。こ の英数字の組み合わせで色を指定するのです。

 "FF0000" の場合は赤が "FF" で最大値、緑と青は "00" で最小値です。 表示される色は赤色になります。 "FFFFFF" は三色とも最大値です。この色 は白です。"000000" は三色とも最小値、色は黒です。

 英語のカラーネームで指定する方法では限りがありますが、16進法の場 合は一原色 16×16=256、この3乗で 16,777,216色を表示させることができ ます。


 画像ファイルの中などで綺麗な色を見付けると、その色の16進数を知り たくなります。色の16進数を調べるには次のようにします。

  1. 画像を「ペイント」で表示します。

  2. 「ツールバー」の「色の選択」をクリックします。

  3. 画像の色をクリック、→メニューバーの「色」→「色の編集」とクリックします。

  4. 「色の作成」バーをクリック、→右端の「赤」「緑」「青」の各数値をメモして、→「キャンセル」ボタンをクリック、→「ペイント」を終了します。( 例として 255,215,0 =gold )

  5. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「電卓」とクリックします。

  6. 「表示」→「関数電卓」とクリックします。

  7. 「10進数」にチェックを付け、→「6」でメモした3色の数値のひとつ「赤」の数値を右側の英数字ボタンをクリックして入力します。

  8. 「16進数」にチェックを付け、表示された数値をメモします。→同じように「緑」「青」と行います。( 例 FF )


 三色の数値を「赤」「緑」「青」の順で並べます。これで16進数の色の完成です。( 例 FFD700 =gold )