61歳パソコン教師の日記 NO.516 (2001.6.29)


 昨夜、7時半前頃にホームページ「SALTY」のアクセスカウンターが150,000 になったようです。午前7時には 149,685だったので、夜の遅い時間だと思っていましたが、あっという間に15万アクセスが達成されました。読者の皆さん、アクセス有難うございました。ヒットされた方からは未だに連絡がきていません。前後賞の方もご連絡ください。

 一昨日、私は掲示板「談話室」に「ヘミングメイト」の名称を変えた方が良いのではと提案をしました。それに対するメイトの会員の方からのご意見が寄せられています。会員の方は是非ご意見をお聞かせください。


【フレームのソースの表示】

 SALTYのホームページでは「フレーム」を使って画面を3分割表示しているのはご存知ですね。普通なら「表示」→「ソース」とクリックすると、そのページの元になるソースが表示されます。

 しかし、フレームを使っていると、ソースにはフレームの記述しかありません。それぞれのフレームのソースを開くには、そのフレームの中で右クリック、→「ソースの表示」をクリックします。

 SALTYのトップページの場合は、フレームの記述、タイトル、目次、本体の4個のHTMLファイルで構成されています。


【ホームページを最新の情報で表示する】

 ページが更新された筈なのに、表示されたページが以前と変わっていないということがあります。これは、以前アクセスした時のファイルがパソコンの中に「キャッシュ」として保存されており、再度アクセスした場合、同じファイル名ならここから表示しているのです。回線を使ってダウンロードをするよりも速いですからね。このキャッシュが保存されている場所は「C:\Windows\Temporary Internet Files」の中です。

 ホームページを更新された最新の情報で表示するには「Ctrl」キーを押しながらブラウザのツールバーにある「更新」ボタンをクリックします。


【フレームを使ったページを最新の情報で表示する】

 しかし、以上の方法では、フレームを使ったページの場合には、フレームの記述がされているファイルしか更新されません。フレームを使ったページの場合は、「Ctrl」キーを押しながら、そのフレームの中で右クリック、→「最新の情報に更新」をクリックします。