61歳パソコン教師の日記 NO.520 (2001.7.4)


 連日の猛暑、お体の調子は大丈夫ですか?真夏のような日々が続いていま すが、週末には梅雨に逆戻りだそうですね。

 Windows95 →98 → 98SE →Me と改良され?、機能が増してきたのと反比 例して動きが遅くなり、トラブルが起きる度合いも増えてきました。 Windows 自体がどんどんと肥大化し、それに伴って対応するアプリも複雑に なり、大きな容量になってきました。

 この間、ハードには目覚しい進歩がありました。CPU、メモリ、HD、 モデム、Windows95 の初期と比べ、全てが10倍以上になりました。しかし、 快適になったとは言えませんね。今はひたすら Windows XP の発売を待つの みです。

 読者の皆さんからのご質問の中で一番多いのは、「パソコンが快適に動く ようにするにはどのようなことをすれば良いのか?」ということです。マガ ジンでは何度も取り上げてきたのですが、相変わらずこのご質問が多いのは、 皆さんが如何に Windows に悩まされているかという証拠でしょうね。 少しでも動きを良くし、フリーズを減らしたいと思う方は下記を実行してく ださい。Simple is best ですよ。
  1. 常時起動アプリ(ソフト)を減らす。(これが一番効果があります。)  PCの電源をオンにすると、Windows が起動しますが、同時に色々なもの  が起動しているのです。起動しているからにはリソースを消費しています。  その結果、不安定になり、フリーズを起こすということになります。
      
  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システム情報」とクリック、→「ツール」→「システム設定ユーティリティ」とクリックします。

      
  2. 「スタートアップ」タブを開きます。「名前」欄のチェックが付いている項目が常時起動になっています。常時起動の必要がない項目のチェックを外します。

      [チェックを絶対に外してはいけないもの]

     internat.exe--多言語対応機能に関連するモジュールを読込む
     ScanRegistr--Windows 起動時にレジストリのバックアップを作成する
     TaskMonitor--プログラム起動の最適化情報を集めるモジュールを読込む
     SystemTray--タスクトレイの機能を管理するモジュールを読込む


      [機能を使用する場合にチェックを外してはいけないもの]

     LoadPowerProfile--省電力設定をしない場合は不要
     SchdulingAgent--タスクスケジュラーを管理しない場合は不要
     irMon--赤外線通信機能を使用しない場合は不要


     PCHealth--(Me) システム復元ポイントを自動作成しない場合は不要
     *StateMgr--(Me) システム復元ポイントを自動作成しない場合は不要


     Windows 関係以外のアプリケーションソフトでは「ウイルス駆除」以外
     のソフトは、使用する時に起動すれば良いのですから、チェックを外し
     ておいた方が良いでしょう。

    (関連バックナンバー:33/169/212/228/379/383/436)
  1. スクリーンセーバー、壁紙、省電力機能などを使用しないようにする。

  2. デスクトップのショートカットを減らす。

    (関連バックナンバー:331/440/450)

  3. なるべく、複数のアプリを同時に起動しないようにする。
    使用が終わったアプリは終了する。

    (関連バックナンバー:20)

  4. リソースの空きが 50% に近くなったら、早目に再起動する。

    (関連バックナンバー:379)

  5. 大きな容量のデータをコピー、切り取りした場合、貼り付けをして不要になったらクリップボードから削除する。
    (関連バックナンバー:37/94/152/187/284/388)

  6. 不要なファイルを削除する。
    ごみ箱を空にする。
    雑誌の付録 CD-R などからソフトをやたらにインストールしない。

    (関連バックナンバー:148/160/162/228/238/328)

  7. 定期的にデフラグを実行する。

    (関連バックナンバー:30)

  8. 起動ドライブ(C)は余裕のある空きを作っておく。
    普段あまり使わないデータなどは、起動ドライブ(C)以外のドライブに保存しておく。