62歳パソコン教師の日記 NO.521(2001.7.5)


【OEでメールのBGSにMP3を使う】

 受信したメールを開くと、送信者の挨拶の声が聞こえてくれば楽しいです ね。Outlook Expressでは WAVE形式を使えば可能ですが、数秒で数百MBにも なってしまい、使用は事実上不可能です。WAVE形式をMIDI形式に変換すると 11分の1以下になるのですが、OEではMID形式ファイルをバックグラウ ンドに使用することは出来ないと言われていました。

 昨日、ヘミングメイトの「kudoh flat」さんから、MIDI形式を使う方法を 教えて頂きました。MIDI形式を使用出来るといっても、20〜30KBに抑えると なると僅か数秒ですが、数秒間でも声を聞けるのは楽しいものですよ。

 あなたの声で挨拶を録音、→「MP3形式」に変換してから始めてくださ い。声の録音方法、MP3形式変換方法はバックナンバーの「項目別目次」 の「11.サウンド」をご覧ください。

 これは「MIDファイル」をBGSに、「MP3ファイル」を添付ファイルにし て、変換された「MID」データを削除、→その代わりに変換された「MP3」デ ータを入れ、「MP3ファイル」を添付する記述を削除するという方法です。

  1. Outlook Expressを起動、→「新しいメール」をクリックします。

  2. メニューバーの「書式」→「背景」→「サウンド」とクリックします。→「バックグラウンドサウンド」ダイアログが表示されます。

  3. 「ファイル」欄の「参照」ボタンをクリック、→「ファイルの種類」欄を「MIDIファイル」にして、→MIDI形式ファイルを選択(ダミーですから曲名は何でも構いませんが、ファイル名をメモしておきます)、→「開く」ボタンをクリックします。→「バックグラウンドサウンド」ダイアログに戻ります。

  4. 「繰り返し」欄の「再生」にチェックを付け、「1回」にして、→「OK」ボタンをクリックします。複数回繰り返し再生する場合はその数値にし、エンドレスに再生を繰り返す場合は「連続」にチェックを付けます。以上でMIDIファイルがバックグラウンドサウンド(BGS)に指定されました。

  5. ツールバーの「添付」ボタンをクリックします。→「添付ファイルの挿入」ダイアログが表示されます。

  6. BGSに使うMP3ファイルを選択、→「添付」ボタンをクリックします。→メールの「添付」欄にMP3ファイルが表示されます。

  7. 「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックします。→「メッセージに名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。

  8. 「ファイルの種類」欄が「メール (*.eml)」となっていることを確認して、→適当なファイル名を入力、→「保存する場所」を指定して、→「保存」ボタンをクリックします。

  9. 保存したEMLファイルを右クリックします。(Windows98の場合は「Shift」キーを押しながら右クリック)

  10. 「アプリケーションから開く」をクリック、→「Windows Notepad」(98の場合は「NOTEPAD」)を選択、 →「これらのファイルを開くときは、いつもこのアプリケーションを使う」のチェックを外し、→「OK」ボタンをクリックします。→メモ帖でソースが表示されます。 EMLファイルのサイズが大きい場合は「ワードパッド」で表示されます。

  11. 「3」でメモした「MIDIファイル名」の記述を探します。その下には「MP3」ファイルの記述があります。

 検索機能を使うには
 「メモ帖」の場合は「検索」→「検索」とクリックします。
 「ワードパッド」の場合は「編集」→「検索」とクリックします。

(以下MIDファイルの記述)

------=_NextPart_002_0019_01C1056F.5B59B900--

------=_NextPart_001_0018_01C1056F.5B59B900
Content-Type: audio/mid;
name="study.mid"
Content-Transfer-Encoding: base64
Content-ID: <001001c10523$0a1495c0$4ea681d2@j0j7p0>

(ここから削除↓)

TVRoZAAAAAYAAQACAeBNVHJrAAAAMgD/WAQDAhgIAP9ZAgAAAP9RAwosKgD/BhVDaGlp c2FpIEFraSBNaXRzdWtldGEA/y8ATVRyawAAD0UA/yEBAAD/AwtHdWl0YXIgU29sbwDA GI41kC9Hfj5BgUc7UoEzNkMesAEBPAECHpA7AC07VFo+AEY+T2I7ADY7XIEwQkF6PgBO

(中間省略)

NAAfOwA9Qh4AQwBqL1UdPiAAPQAgQgAjQkB/PgBHPkaBRDZQWj4AgQk+TYFPQgA7QkSB Pz4AMD4/ZT0qAD4AMTYAFCpGY0IAHkI2gRI9AFY9QIF+OjeBFz0AcD04ghI0QIFSOgBM QgAZOjlxNAAJKgAULwAiPQAzOgBhL0RzMjGBHTs9UbABARABAoFIAQOEbQECRgEBgQIB

(以上MIDファイルの記述)
(以下MP3ファイルの記述)

------=_NextPart_001_0018_01C1056F.5B59B900--

------=_NextPart_000_0017_01C1056F.5B59B900
Content-Type: audio/mpeg;
name="voice.mp3"
Content-Transfer-Encoding: base64
Content-Disposition: attachment;
filename="voice.mp3"

(ここまで削除↑)

//NYxAAnQyJQAMpMvQDKfMo6cDmHYgSG6OxdduVORMv+1ticjXbEYJhcAYbouAAwjKAg SYuKwwFAAGEc6guKDC4DgWpGc0ELnsE21wwgQIMnsIw6jH0gJIw/4IMBwGuyiEIFgNNt YhEGEJ29YgrYjuTTiH1o0xCCCEEHAAQQeiCj071zydsQQ56fdiBCGjGIIGEMiIMIEED1

(以下省略)

  1. (ここから削除↓)〜(ここまで削除↑)をドラッグして反転させ、→右クリック、→「削除」をクリックします。

  2. 「ファイル」→「上書き保存」とクリックします。

  3. このファイルをダブルクリックで開くと「メール」が表示され、MP3 のサウンドが再生されます。

  4. 後は普通のメールと同じように、宛先、件名、本文を入力して送信します。