16進数と10進数を変換する



 「カラーマトリックス」の右下の「赤・緑・青」はそれぞれ「10進数」で表示されています。 各色「0」から「255」までの「256段階」がありますから、「256」を3原色ですから3乗すると「16,777,216色」になります。これが「フルカラー」です。キーボードから数値を入力すると色が変わりますよ。

 「16進数」は「0」から「9」までの数字と、次ぎは「A」から「F」までの英字で「16段階」を表します。各色2桁の数英字で表しますから、「16」の2乗で、これも「256段階」になりますね。 SALTYの「カラーサンプルでは、この「16進数」と英語の「カラーネーム」を表記しています。

  1. 「16進数」と「10進数の変換」には「Windows」に付属の「関数電卓」を使えば便利ですよ。

     「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「電卓」とクリックします。



  2. 「普通電卓」が表示されたら、→「電卓の種類」→「関数電卓」とクリックします。



  3. 「16進数」にチェックを付け、→右側のボタンをクリックして16進数を入力します。



  4. 「10進数」をクリックします。→入力した「16進数」が「10進数」に変わります。

     3色を一度には出来ませんので、1色ずつ3回実行することになります。



  5.  「10進数」から「16進数」に変換す場合は「3」を逆に行えばOKですよ。

     「16進数」の場合は頭に「#」を付け、3色続けて記述します。

     (例:#EE82EE(16進数)、 238,130,238(10進数)、violet(Color Name)
目次に戻る