常時起動アプリをキャンセルする(Windows95)



 PCを快適に動かすためには先ずやらなければならないことです。

  1. レジストリのバックアップ用フォルダを作成します。例では「マイドキュメント」の下に、フォルダ名を「reg-backup」としておきますが、他の場所、他の名前でも構いません。



  2. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリックします。



  3. 「名前」欄に半角で「regedit」と入力して、→「OK」ボタンをクリックします。→「レジストリエディタ」が起動します。



  4. 左ウインドウで、「HKEY_KOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」とダブルクリックで開いていきます。



  5. その下階層の「run」キー(フォルダ)を開き、→メニューバーの「レジストリ」→「レジストリファイルの書き出し」とクリックします。



  6. 「保存する場所」は「1」で作成した「reg-backup」フォルダを指定、→「ファイル名」を「run」として、→「保存」ボタンをクリックします。これは、削除をした後に常時起動に戻す時のためです。



    同じく「RunServices」キーを開き、→メニューバーの「レジストリ」→「レジストリファイルの書き出し」とクリックします。→「保存する場所」は「1」で作成したフォルダを指定、→「ファイル名」を「unServices」として、→「保存」ボタンをクリックします。

  7. 「run」キーを開いた状態で右欄のアプリケーションやプログラムの中からキャンセルしたいものを右クリック、→「削除」をクリックします。



  8. →「値の削除の確認」が表示されたら「はい」ボタンをクリックすると削除されます。



    同じく「RunServices」キーを開き、同じようにしてキャンセルしたいものを削除します。

  9. 「レジストリエディタ」を閉じて再起動します。

目次に戻る