関連付けされていないアプリケーションで開く



 アプリケーションに関連付けされていないファイルをダブルクリックで開こうとすると、「ファイルを開くアプリケーションの選択」ダイアログが表示されます。

 一覧の中から、そのファイル形式を開く機能を持ったアプリケーションを選択して、→「OK」ボタンをクリックすると開くことができます。

 その際、「この種類のファイルを開くときは、いつもこのアプリケーションを使う」のチェックボックスにチェックを付けて、→「OK」ボタンをクリックすると関連付けされ、次回からそのアプリケーションで開くようになります。

 すでに関連付けされているファイル形式を、一時的に他のアプリケーションで開く場合は、 ファイルを選択、→「Shift」キーを押しながら右クリック、→表示されるメニューの「アプリケーションから開く」をクリックすると「ファイルを開くアプリケーションの選択」ダイアログが表示されます。



 Windows Me の場合は「Shift」キーを押す必要はありません。

 以上の場合は、「この種類のファイルを開くときは、いつもこのアプリケーションを使う」のチェックが付いていると、関連付けが変更されてしまうので、チェックを外しておかなければなりません。



 一覧に、目的のアプリケーションがない場合は、「その他」ボタンをクリックして、アプリケーションを選択します。→「ファイルを開くアプリケーションの選択」ダイアログに戻り、→「OK」ボタンをクリックします。



 この際に、「この種類のファイルを開くときは、いつもこのアプリケーションを使う」のチェックボックスにチェックを付けて、→「OK」ボタンをクリックすると、そのアプリケーションに関連付けされ、次回からそのアプリケーションで開くようになり、アプリケーション一覧にも表示されるようになります。



 Windows Me の場合は、右クリック、 →「アプリケーションから開く」をポイントすると、前に開く時に使ったアプリケーションがサブメニューに表示されます。

目次に戻る