アドレス帖の並べ替え(Outlook Express)



 アドレス帖を名前順で表示すると、記号、数字、アルファベット、かな、漢字の順で並んでいます。困るのは漢字の名前が正しい読みで並んでいないことです。例えば「青木(あおき)」の「青」を「せい」として並んでいます。 正しい読みで並べるには「フリガナ」を付ければOKです。

  1. 「アドレス帖」を開き、→漢字の名前をダブルクリックして「プロパティ」を表示します。





  2. 「名前」タブを開き、→「フリガナ」ボタンをクリックします。



  3. 「姓」と「名」に分けて「カタカナ」又は「ひらがな」で「フリガナ」を入力します。



  4. 「OK」ボタンをクリック、→「名前」タブに戻り、→「OK」ボタンをクリックします。
 以上でOKです。漢字名でも、フリガナによって並べられますから、かなと一緒に表示されます。「記号」「数字」「アルファベット」「かな・漢字」「フリガナを付けていない漢字」の順になりますから、「フリガナ」を付ける場合は、漢字名の全部に付けた方が良いですね。

 「アドレス帖」は「名前」と「電子メールアドレス」などの項目がありますね。「名前順」で表示するには「名前」と表示されたバーをクリックすればOKですね。

 「名前順」には4通りの表示があります。「名前」バーをクリックすると次々と切り替わります。

  1. 「姓・名」が記号、数字、アルファベット、かな、漢字の順(これを昇順ということにします)で表示されます。

  2. 「姓・名」が降順で表示されます。

  3. 「名・姓」が昇順で表示されます。

  4. 「名・姓」が降順で表示されます。
目次に戻る