Webページのソースを開くエディタを変更する



 このマガジンの読者の方の中にはメモ帖にタグ入力でホームページを作成している人が沢山います。ただし、このメモ帖の機能は限られていますし、容量の制限もあります。

 Webページを表示して「表示」→「ソース」とクリックすると、ソースが「メモ帖」で表示されます。ここに書き加えて「上書き保存」しようとすると、容量オーバーの場合は保存できません。

 私は「メモ帖」の代わりに「秀丸エディタ」を使いたいのですが、無料の「TeraPad」というソフトを使っています。新規にHTMLファイルを作成する場合は「TeraPad」を起動すれば良いのですが、修正する場合はなかなか面倒です。

 HTMLファイルを選択、 →「Shift」キーを押しながら右クリック、→「アプリケーションから開く」をクリック、→「ファイルを開くアプリケーションの選択」ダイアログで「TeraPad」を選択、→「OK」ボタンをクリックして、ソースを「TeraPad」で開きます。

 Webページを表示して「表示」→「ソース」とクリックすると、ソースが「TeraPad」で表示されるように設定をしておけば便利ですね。「TeraPad」をインストールしたら下記のようにして設定します。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリックします。



  2. 「名前」欄に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックして「レジストリエディタ」を起動します。



  3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「Software」→「Microsoft」→「Internet Explorer」とダブルクリックで開いていきます。

  4. 「Internet Explorer」キーを右クリック、→「新規」→「キー」とクリック、→作成された「新規キー#1」の名前を「View Source Editor」に変更します。



  5. 「View Source Editor」キーを右クリック、→「新規」→「キー」とクリック、→作成された「新規キー#1」の名前を「Editor Name」に変更します。



  6. 「Editor Name」をクリック、→右欄の「標準」をダブルクリックで開きます。

  7. 「値のデータ」欄に「TeraPad」の実効ファイルのフルパスを入力、→「OK」ボタンをクリックします。



     [フルパスを正確に入力する方法]

     「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、 →「参照」ボタンをクリック、→「TeraPad」の実効ファイルを選択、→「開く」ボタンをクリックします。



    →「名前」欄に表示されたフルパスの上で右クリック、→「コピー」をクリック、→「値のデータ」欄を右クリック、→「貼り付け」をクリック、→前後のダブルクォーテーションを削除します。

  8. 「レジストリエディタ」を終了し、→再起動します。

    Webページを表示して、→「表示」→「ソース」とクリックすると、ソースが「TeraPad」で表示されます。

目次に戻る