MS-DOS コマンドとオプション



 一昨日、昨日とDOS窓について書きましたが、DOS窓を開いて何をすれば良いのか分からないという人も多いでしょう。プロンプトの後にコマンドを入力して色々な操作を行うことができます。コマンドにはそれぞれのオプションがあるものもあります。

 DOS窓を起動し、→プロンプト「C:\WINDOWS>」の後に「DIR」とコマンドを入力して、→「Enter」キーを押すと、→「WINDOWS」ディレクトリとサブディレクトリ及びファイルの一覧が表示されます。





 情報が多い場合は最後の1ページ分だけが表示されます。このような場合は「DIR /P」と「DIR」コマンドの後に半角スペースを空けて、 →「/P」とオプションを入力します。すると、最初の1ページが表示され、どれかキーを押すと次ぎのページが表示されます。



 見易いように大文字で書いていますが、コマンドとオプションは小文字でもOKです。 では「DIR /?」と入力して、→「Enter」キーを押してください。 「DIR」コマンドの意味と書式、オプションの一覧が表示されます。コマンドのヘルプですね。



 この場合も情報が多ければ最後の1ページ分だけが表示されます。先ほどと同じように「DIR /? /P」とオプションの後に半角スペースを空けて、 →次ぎのオプションを入力すると、→最初の1ページが表示され、どれかキーを押すと次ぎのページが表示されます。

 情報をテキスト形式で保存する場合は「DIR /? > C:\COMMAND_HELP\DIR.TXT」と入力して、→「Enter」キーを押すと、 →「COMMAND_HELP」フォルダの中に「DIR.TXT」という名で保存されます。 最後の1ページ分だけが表示されている場合でも全体が保存されます。



保存されたテキストファイルを表示

 基本的なコマンドのヘルプを保存しておくと重宝しますよ。

「C:\WINDOWS>ATTRIB /? > C:\COMMAND_HELP\ATTRIB.TXT」のように、 プロンプト「C:\WINDOWS>」の後に「ATTRIB /? > C:\COMMAND_HELP\ATTRIB.TXT」と入力して、→「Enter」キーを押します。

ATTRIB CD CHKDSK COPY DATE DEL DIR DISKCOPY FDISK FORMAT MD MEM MORE MOVE PATH RD REN TIME XCOPY
目次に戻る