IPアドレスについて



 さて、今日は「IPアドレス」について書きましょう。「IPアドレス」とはインターネットに接続されているコンピュータを識別するために各コンピュータに割り振られている32ビットの数字列のことです。

 これを8ビットずつ4つに区切って10進数で表示されますが、最初の3ビットはクラスの識別に使うので、IPネットワークアドレス部に5ビット−8ビット−8ビット、IPホストアドレス部に8ビットが割り当てられています。

 ほとんどの人がそうでしょうが、プロバイダ経由で接続している場合は、接続の度に最後のIPネットワークアドレス部が変わります。これは、プロバイダが保有しているIPアドレスの何倍もの会員がいるわけですから、空いているIPアドレスをその都度割り当てるからです。

 Webサイトではアクセス者のIPアドレスを記録することが可能ですから、プロバイダとアクセスポイントを知ることができます。しかし、個人を特定するにはプロバイダの協力がなければできません。

 自宅サーバーやオンラインゲーム、インターネット電話では、現在の自分のIPアドレスを知り、相手に知らせる必要があります。IPアドレスを調べるには、「C:\Windows\Winipcfg.exe」をダブルクリック、→「IP設定」ダイアログが開き、「TCP/IP」関連の情報が表示され、この中にIPアドレスがあります。





 受信したメールから、送信者のIPアドレスを知ることもできます。受信メール一覧でメールを右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「詳細」タブを開きます。ダイヤルアップIP接続の場合は上から4行目、企業などの専用線接続の場合は1行目に下記のように表示されます。括弧 [ ] 内の数字がIPアドレスです。

目次に戻る