ファイル形式にアプリケーションを関連付ける



 簡単に、ファイルを開くアプリケーションの関連付けを行うには次のように行うことは読者の皆さんはご存知ですね。

  1. ファイルを選択、 →「Shift」キーを押しながら右クリック、→「アプリケーションから開く」をクリックします。

     ※Windows Me では「Shift」キーを押す必要はありません。

  2. 表示された「ファイルを開くアプリケーションの選択」ダイアログの一覧の中からアプリケーションを選択、→「この種類のファイルを開くときには、いつもこのアプリケーションを使う」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。
 しかし、関連付けは「開く」だけではありません。「開く」以外の関連付けは「フォルダオプション」で行います。一例として、GIF形式ファイルを「開く」アプリケーションは「Internet Explorer」、「編集」は「ペイント」に関連付けしてみましょう。

  1. 「マイコンピュータ」または「エクスプローラ」を起動、→「ツール」→「フォルダオプション」とクリックします。(Windows 98SE/Me)



     Windows 95/98 の場合は「表示」→「オプション」とクリックします。

  2. 「フォルダオプション」ダイアログの「ファイルの種類」タブを開き、→「GIF イメージ」を選択、→「編集」ボタンをクリックします。



  3. 「ファイルの種類の編集」ダイアログが表示されます。→「アクション」欄の「open」または「開く」を選択、→「編集」ボタンをクリックします。



  4. 「アクションの編集」ダイアログが表示されます。→「参照」ボタンをクリックします。



  5. 「アプリケーション」ダイアログで「Iexplore.exe」を選択 、→「開く」ボタンをクリックします。



  6. 「アクションを実行するアプリケーション」欄に「"C:\Program Files\Internet Explorer\Iexplore.exe"」と表示されます。→「OK」ボタンをクリックします。



     ※上記のフルパスは環境によって異なります。

  7. 「ファイルの種類の編集」ダイアログに戻り、→「新規」ボタンをクリックします。

    既に「アクション」欄に「編集」または「edit」がある場合は、→それを選択、→「削除」ボタンをクリックしてから行います。

  8. 「新しいアクション」ダイアログが表示されます。→「アクション」欄に「編集」または「edit」と入力、→「参照」ボタンをクリックします。



  9. 「アプリケーション」ダイアログで「Mspaint.exe」を選択 、→「開く」ボタンをクリックします。



  10. 「アクションを実行するアプリケーション」欄に「"C:\Program Files\Internet Explorer\Iexplore.exe"」と表示されます。→「OK」ボタンをクリックします。



     ※上記のフルパスは環境によって異なります。

  11. 「ファイルの種類の編集」ダイアログに戻り、→「閉じる」ボタンをクリックします。

  12. 「GIF 形式」ファイルをダブルクリックすると、「Internet Explorer」で表示されます。

  13. 「GIF 形式」ファイルを選択、→「Shift」キーを押しながら右クリック、→「編集」または「edit」をクリックすると「ペイント」で表示されます。



     ※Windows Me では「Shift」キーを押す必要はありません。
目次に戻る