Windows Me システムの復元



 「Windows Me」の新機能「システムの復元」を使ったことがありますか? これはトラブルが発生した際に、保存してあったシステム情報を元に、以前の状態に復元するものです。

 そのためには「復元ポイント」を作成されていなくてはなりません。「復元ポイント」は次の場合に自動的に作成されますが、自分で作成することもできます。

  1. 「Windows Me」を導入後、初めてパソコンを起動した時
  2. パソコンを連続して10時間を経過した時
  3. 24時間毎
  4. ウインドウズインストーラを使ってアプリのセットアップを行う前
  5. ウインドウズアップデートを行う前
【復元ポイントの作成】

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」とクリックします。



  2. 「システムの復元」が起動したら、→「復元ポイントを作成します」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。



  3. 「復元ポイントの説明」欄に「Office XP インストール前」のように分かり易い説明を入力、→「次へ」ボタンをクリックします。



  4. 数秒後に「復元ポイント」が作成され、→赤い文字で「年月日時分」と3で入力した「復元ポイントの説明」が表示されます。→「OK」ボタンをクリックして完了です。

【システムの復元】

  1. 「システムの復元」が起動したら、→「コンピュータを以前の状態に復元します」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

  2. カレンダーから「復元ポイント」の日付をクリックします。→右欄に「復元ポイントの説明」が表示されます。→「復元ポイント」を選択して、→「次へ」ボタンをクリックします。



  3. 警告ダイアログが表示されます。→起動中のアプリがあれば終了して、→「OK」→「次へ」とクリックします。



  4. 「システムの復元」が完了すると自動的に再起動されます。→「コンピュータは次の状態に正常に復元されました」と表示されたら、→「OK」ボタンをクリックして完了です。

 パソコンのエラーが発生する大きな原因のひとつは「常駐プログラム」です。不要なプログラムは「システム設定ユーティリティ」の「スタートアップ」タブで無効にしておきます。ただし、次の4個は無効にしてはいけません。

 internat.exe
 ScanRegistry
 Task Monitor
 SystemTray


 「Windows Me」で「システムの復元」機能を使う場合は、上記の他に次の2個も有効にしておきます。

 PcHealth
 *StateMgr
目次に戻る