63歳パソコン教師の日記 NO.581(2001.9.10)


 風邪がなかなか治りませんが、今日はお昼前から出張指導に出掛けていま した。夕方、帰宅した時にはかなり具合が悪く、直ぐに寝てしまいました。 マガジンは昨日の内に途中まで書いていましたので、先ほどから起き出して 仕上げています。

 昨年の暮れ、ヘミングメイトの「かんさん」から、要らないパソコンがあ るというので Gate way を貰ってきたことは、当時、このマガジンに書きま したね。実は、どうしても電源が入らなかったのです。暇がないため、部屋 の隅に置いたままになっていました。

 昨日は朝の内にマガジンの配信を終えたので、マザーボードから全てのパ ーツを取り外し、組み立て直してみました。期待を込めて電源スイッチを押 すと見事に起動しました。どうやらパーツの接触が原因だったようです。

 8ヶ月間ぶりに蘇った Gate way のHDをフォーマットして、Windows 98 をクリーンインストールしました。更に Windows 98SE にバージョンアップ しながら、今まで Windows 98 が入っていた IBM Aptiva をフォーマットし て Windows 95 をクリーンインストールしました。

 これで Windows 95、98SE、Me、XP の4種類のOSが揃いました。その内 にハードディスクを買って Gateway に装着し、98SE と 2000 のデュアルブ ートにしようと考えています。


 SALTYの「ホームページ講座 第2部」には沢山の Java Script など のサンプルがあります。ご自分のホームページのソースに、このスクリプト を記述すれば、動きのあるページを作ることができます。しかし、正しく表 示されないということはありませんか?

 原因は、スクリプトの一部欠落、タイピングミス、などですね。間違いが あった場合、どこに間違いがあるのかを表示させるには「ツール」→「イン ターネットオプション」とクリック、→「詳細設定」タブを開き、→「ブラ ウズ」欄の「スクリプトエラーごとに通知を表示する」にチェックを付けて おきます。

 こうしておけば、スクリプトに記述間違いがあるページを開こうとすると、 下記のようなエラーが表示されます。複数の間違いがあれば、その数分のエ ラーが表示されます。

 ライン:71
 文 字:1
 エラー:オブジェクトを指定してください
 コード:0
 URL:http://www.salty1.com/home.html

 この例では、ソースの71行目の1文字目に記述間違いがある、または原 因があるということです。この場合は、71行目の1文字目の記述に対する オブジェクトが指定されていないということですね。

 ソースを開いて、上から71行目を確認します。この71行目というのは、 改行された行数ですから、メモ帖の「編集」→「右端で折り返す」のチェッ クを外しておかなければなりません。空行も1行に数えます。

 行数を数えるのは面倒ですから、ソースの表示を「Tera Pad」などにして おけば行頭に行数を表示することができますから便利ですよ。「Tera Pad」 の場合も「表示」→「88桁で折り返し」のチェックを外しておきます。

---------------------------------------------------------------
■このマガジンの説明画像入りは、http://www.salty1.com/ でご覧下さい。