63歳パソコン教師の日記 NO.585(2001.9.15)


 神奈川県横須賀米軍基地沖の海上では艦船へのミサイル積込みが行われ、 米国の同時多発テロに対する報復攻撃の準備が進んでいるようです。私が住 んでいる座間市には米軍のキャンプ座間、隣町には厚木基地があります。そ の警戒のために米軍の戦闘機が上空を飛び交っており、これから中東で始ま る報復攻撃がとても身近に感じられます。

 今朝は折込チラシに載っていたメモリを買ってきました。PC100 用 128MB が \2,780 です。安くなったものですね。これでメインマシン DELL のメモ リは 256MB になりました。 Windows 95 が発売された頃のメモリは 8MB が 普通でしたから、6年間に随分進化したものですね。


【添付ファイルからメッセージの作成ウインドウを開く】

 メールにファイルを添付し忘れたことはありませんか? 私はよく忘れて しまい、後で気が付いて再送しています。添付ファイルから「メッセージの 作成」ウインドウを開けば絶対に添付忘れはありませんよ。

  1. 添付ファイルを右クリック、→「送る」→「メール受信者」とクリックし ます。

  2. 「メッセージの作成」ウインドウが開きます。既にファイルが添付され、 「件名」欄と「本文」欄にファイル名が入力されていますから、その後に 「を添付します」と書き加えます。

 添付ファイルを右クリック、→「送る」をポイントしてもサブメニューの 中に「メール受信者」がない場合は次のようにして作成します。

  1. 「メモ帖」を起動、→何も入力せずに、→「ファイル」→「名前を付けて 保存」とクリックします。

  2. 「名前を付けて保存」ダイアログの「ファイルの種類」欄を「すべてのフ ァイル」にします。

  3. 「ファイル名」欄の「無題」を削除して、→「メール受信者.mapimail」 と入力します。

  4. 「保存する場所」欄を「C:\WINDOWS\SendTo」フォルダにして、→「保存」 ボタンをクリックします。

  -------------------------------------------------------------
■このマガジンの説明画像入りは、http://www.salty1.com/ でご覧下さい。