添付ファイルからメッセージの作成ウインドウを開く



 メールにファイルを添付し忘れたことはありませんか? 私はよく忘れてしまい、後で気が付いて再送しています。添付ファイルから「メッセージの作成」ウインドウを開けば絶対に添付忘れはありませんよ。

  1. 添付ファイルを右クリック、→「送る」→「メール受信者」とクリックします。



  2. 「メッセージの作成」ウインドウが開きます。既にファイルが添付され、「件名」欄と「本文」欄にファイル名が入力されていますから、その後に「を添付します」と書き加えます。

 添付ファイルを右クリック、→「送る」をポイントしてもサブメニューの中に「メール受信者」がない場合は次のようにして作成します。

  1. 「メモ帖」を起動、→何も入力せずに、→「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックします。

  2. 「名前を付けて保存」ダイアログの「ファイルの種類」欄を「すべてのファイル」にします。

  3. 「ファイル名」欄の「無題」を削除して、→「メール受信者.mapimail」と入力します。

  4. 「保存する場所」欄を「C:\WINDOWS\SendTo」フォルダにして、→「保存」ボタンをクリックします。

目次に戻る