ダイヤルアップ接続の設定を保存する



 OSを再インストールする度に「ダイアルアップ接続」の設定をし直すのは面倒ですね。「アドレス帖」や「メールデータ」などはバックアップをしても、「ダイアルアップ接続」の設定をバックアップしている人は少ないのではないでしょうか。

  1. 「エクスプローラ」または「マイコンピュータ」で、バックアップを保存する「フロッピーディスク」や「フォルダ」などを開いておきます。



  2. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」とクリックして「コントロールパネル」を開き、→「ダイヤルアップネットワーク」アイコンをダブルクリックます。(Windows Me の場合)



    Windows98 の場合は、デスクトップの「マイコンピュータ」をダブルクリック、→「ダイヤルアップネットワーク」アイコンをダブルクリックします。

  3. 保存したい接続アイコンを「1.」で開いておいた保存場所へドラッグ&ドロップします。→「接続名.dun」というファイル名で保存されます。



  4. OSを再インストールした後に「ダイアルアップ接続」の設定をインポートするには次のようにします。

    上記の「2.」の操作を行って「ダイヤルアップネットワーク」を開き、→そこへ「3.」で保存しておいた「接続名.dun」をドラッグ&ドロップします。「3.」の逆をするわけですね。
Windows Me の場合は、 保存した「接続名.dun」ファイルを右クリック、→「アプリケーションから開く」をクリック、→「メモ帖」を選択して開き、→修正して、→上書き保存することもできます。
目次に戻る