メモリから不要な DLL ファイルを自動削除する



 Windows 98 /98SE/Me では、アプリケーションを終了した後も、そのアプリが使用した「DLL ファイル」をメモリに保存したままになっています。長時間、色々なアプリを使っていると、段々メモリの空きが少なくなり、パソコンのパフォーマンスが低下してしまいます。

 時々、パソコンを再起動すればリフレッシュされ、快適に使うことができますが、作業の途中で再起動するのは面倒ですね。アプリを終了した時に、そのアプリで使用した「DLL ファイル」をメモリから削除するように設定を変更しておきましょう。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリックします。

  2. 「名前」欄に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。→「レジストリエディタ」が起動します。

  3. 左欄で「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「Software」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」とキーをダブルクリックで開いていきます。

  4. 「Explorer」キーを開いた状態で、 下層に「AlwaysUnloadDLL」キーがあるか確認し、→あった場合は、右クリック、→「削除」をクリックして、一旦削除します。



  5. 左欄の「Explorer」キーを右クリック、→「新規」→「キー」とクリックします。



  6. 下層に作成された新規キーの名前を「AlwaysUnloadDLL」に変更します。



  7. 「AlwaysUnloadDLL」キーを開いた状態で、 →右欄に表示された「規定」または「標準」アイコンをダブルクリックで開き、→「値のデータ」欄に半角で「1」を入力、→「OK」ボタンをクリックします。



  8. 「レジストリエディタ」の右上隅の「閉じる (X)」ボタンをクリックして終了、→再起動します。
目次に戻る