右クリックメニューの活用



 ファイルやフォルダを右クリック、→「送る」をポイントした時に表示されるサブメニューに「MyData」というフォルダを加えてみましょう。

  1. エクスプローラを起動、→「Cドライブ」を選択、→「ファイル」→「新規作成」→「フォルダ」とクリックします。



  2. 作成されたフォルダの名前を「MyData」にします。



  3. 「MyData」フォルダを右ボタンで「C:\WINDOWS\SendTo」フォルダへドラッ&ドロップ、→表示されるメニューの「ショートカットをここに作成」をクリックします。



  4. 作成されたショートカットの名前を「MyData に保存」と変更します。

 「送る」メニューから項目を削除する場合は 「C:\WINDOWS\SendTo」フォルダを開き、→削除したい項目を右クリック、→「削除」をクリックします。


【右クリックメニューにアプリを追加する】

 ファイルやフォルダを右クリックした時に表示されるメニューにアプリを追加することができます。ここでは「HTML]ファイルを右クリックした時に表示されるメニューに「メモ帖」を追加してみましょう。

  1. エクスプローラを起動、→「ツール」→「フォルダオプション」とクリックします。

    「Windows 98」の場合は「表示」→「フォルダオプション」とクリックします。

  2. 「ファイルの種類」タブを開き、→「HTML HTML Document」を選択、→「詳細設定」ボタンをクリックします。



    「Windows 98」の場合は「ファイルタイプ」タブを開き、→「Microsoft HTML Docment」を選択、→「編集」ボタンをクリックします。



  3. 「新規」ボタンをクリック、→「アクション」欄に「NotePad で開く」と入力、→「アクションを実行するアプリケーション」欄に「C:\WINDOWS\NOTEPAD.EXE」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。




【Windows 98 で、右クリックメニューにクイックビューアを追加する】

 「Windows Me」では、画像ファイルを開くアプリはディフォルトで「クイックビューア」になっています。「クイックビューア」はファイルを開かずに素早く内容を表示することができます。

「Windows 98」でも右クリックメニューに「クイックビューア」を追加することができます。「JPEG」ファイルに追加してみましょう。

  1. エクスプローラを起動、→「表示」→「フォルダオプション」とクリックします。

  2. 「ファイルタイプ」タブを開き、→「JPEG イメージ」を選択、→「編集」ボタンをクリックします。

  3. 「クイックビューアを使用する」にチェックを付け、→「OK」→「OK」とクリックします。



    「クイックビューアを使用する」のチェックボックスが灰色になっていてチェックを付けられない場合は「クイックビューア」がインストールされていないためです。次の手順でインストールします。

【Windows 98 で、右クリックメニューにクイックビューアを追加する】

  1. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」とクリック、→「アプリケーションの追加と削除アイコンをダブルクリックします。

  2. 「Windows ファイル」タブを開き、→「アクセサリ」を選択、→「詳細」ボタンをクリック、→「クイックビューア」にチェックを付け、→「OK」→「OK」とクリックします。



目次に戻る