ハードディスクのパフォーマンスアップ



 設定を変更することで、ハードディスクのパフォーマンスをアップさせることができます。下記の三つの方法があります。

  1. コンピュータの使用目的を「ネットワークサーバー」に変更する。

    1. デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンを右クリック、→「プロパティをクリックします。



    2. 「パフォーマンス」タブを開き、→「ファイルシステム」ボタンをクリックします。



    3. 「ハードディスク」タブを開き、→「コンピュータの主な使用目的」のドロップダウンリストから「ネットワークサーバー」を選択、→「OK」ボタンをクリックします。



  2. ハードディスクのアクセス方法を「DMA」方式に変更する。

    「DMA」は Direct memory access の略です。CPUを経由せずにメモリとデータのやり取りをする転送方法で、システムの高速化が図れます。

    1. 「デバイスマネージャ」タブを開き、→「ディスクドライブ」をダブルクリック、→「ハードディスクを選択(GENERIC IDE DISK TYPE01 のように表示されています)」→「プロパティ」ボタンをクリックします。



    2. 「設定」タブを開き、→「オプション」欄の「DMA」にチェックを付けます。→次のメッセージが表示されます。→「OK]ボタンをクリックします。





    3. 「OK」→「閉じる」とボタンをクリックします。→次のメッセージが表示されます。→「いいえ」をクリックします。



      (時間の無駄ですが「はい」をクリックして再起動しても構いません)

  3. 「STSTEM.INI」ファイルの「vcache」セクションに「MinFileCache」と「MaxFileCache」項目を追記する。

    「STSTEM.INI」は重要なファイルですから、充分注意して行ってください。

    1. 「C:\WINDOWS」フォルダ内の「SYSTEM.INI」ファイルをダブルクリックで開きます。

    2. [vcache] の文字を探し、次行に「MinFileCache=2048」と入力、→改行をして、→「MaxFileCache=20480」と下記のように入力します。

        [vcache]
        MinFileCache=2048
        MaxFileCache=20480
      
        メモリが 64MB 未満の場合は下記の数値にしいてください。
      
        搭載メモリ MinFileCache MaxFileCache       
        56MB〜63MB  2048     12288
        48MB〜55MB  1536     10240
        32MB〜47MB  1536      6144
      
    3. 「ファイル」→「上書き保存」とクリックします。

    4. 再起動します。 →「A→D→E」の手順で「DMA」にチェックが付いているか確認します。チェックが外れていれば、使用しているハードディスクが「DMA」に対応していません。
目次に戻る