63歳パソコン教師の日記 NO.644 (2001.11.19)


【エクスプローラの表示変更】

【エクスプローラを詳細表示にする】

 エクスプローラの初期設定では「大きいアイコン」で表示されます。これではファイルやフォルダの数が多いフォルダの場合はスクロールしなければならず使い難いですね。

 「詳細」で表示すると、かなりの数のファイルやフォルダを一度に見ることができ、サイズやファイルの種類、更新日時も表示されますから使い易いです。

 Windows98 では「表示」→「詳細」とクリックすると、全てのフォルダが「詳細」表示になりますが、WindowsMe の場合は、他のフォルダは変更されず「大きいアイコン」で表示されます。

 全てのフォルダが「詳細」表示で開くようにするには次のようにします。

  1. 「表示」→「詳細」とクリックします。→「詳細」表示されます。



  2. 「ツール」→「フォルダオプション」とクリックします。

  3. 「表示」タブを開き、→「現在のフォルダ設定を使用」ボタンをクリック、→「OK」ボタンをクリックします。




【すべてのファイルと拡張子を表示する】

 同じく、エクスプローラの初期設定では「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」となっています。

 初心者の人は、この初期設定のまま使っている人が多いですね。これらが表示されなければ目隠しでパソコンを操作するようなものです。パソコンを購入した時、OSをインストールした時は真っ先にこの設定を変更しておくべきです。

  1. 「ツール」→「フォルダオプション」とクリックします。

  2. 「表示」タブを開き、→「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを付け、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」と「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」→の チェックを外します。→「警告」ダイアログが表示されます。「はい」→「OK」とボタンをクリックします。



    Windows98 の場合は「すべてのファイルを表示する」にチェックを付け、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外し、→「OK」ボタンをクリックします。




【属性を表示する】

 ついでにファイルの「属性」も表示するようにしましょう。

 エクスプローラでフォルダを開いておき、→「表示」→「列の選択」とクリック、→「属性」にチェックを付けて、→「OK」ボタンをクリックします。

 しかし、この設定はフォルダ毎に行わなければなりません。全てのフォルダ内のファイルの「属性」を表示するには次のようにします。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄に「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックします。 →「レジストリエディタ」が起動します。

  2. 左欄で、「HKEY_CURRENT_USER」→「Software」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→ 「Explorer」→「Advanced」と開いていきます。

  3. 右欄の「ShowAttribCol」アイコンをダブルクリックで開き、 →「基数」欄の「10進」にチェックを付け、 →「値のデータ」欄を半角の「1」にして、→「OK」ボタンをクリックします。

  4. 「レジストリエディタ」の右上隅の「×」をクリックして閉じ、→再起動します。これで、「詳細表示」にすると全てフォルダ内ののファイルの「属性」が表示されます。

     Windows98 の場合は簡単です。上記「5.」で「詳細表示でファイルの属性を表示する」にチェックを付けます。

    「5.」図参照
目次に戻る