63歳パソコン教師の日記 NO.649(2001.11.25)


 昨日は正午から、ヘミングメイトの「名古屋オフ会」が開催されました。 「パソコンQ&A」にはじまり、夕方からは「食事会」、夜には「飲み会」 が開催されたそうです。やはり、近隣にお住まいの方が主でしたが、北海道 の旭川、九州の福岡、そして神奈川県からも参加された方がいらっしゃいま した。

 「パソコンQ&A」には38人の方が参加され、なかなか盛大だったよう です。今日は幹事の皆さんの案内で、朝から「名古屋観光」が行われたそう です。幹事の皆さん、ご苦労様でした。会を盛り上げてくださった参加者の 皆さん、有難うございました。

 昨日はホームページに掲示板「フリーマーケット」を開設しました。ヘミ ングメイト会員限定ですが、1日で200アクセスもありました。しかし、 「売ります」「差し上げます」「探しています」の投稿は3件のみ、1件成 立、ちょっと淋しいですね。初日でもあり、まあ、こんなところででしょう ね。これからは大いに活用して頂きたいと思っています。


 「MS-IME」には「単語/用例登録」という機能がありますが、登録をして いないのに、変換を行った単語や用例が辞書に載っていない場合には自動で 「学習単語」に登録されています。

 この数が増えていくと膨大な登録数になり、変換効率が低下してしまいま す。主に、カタカナに変換したもの、大文字から小文字に変換したもの、変 換ミスなどが登録されています。定期的に不要なものを削除するようにしま しょう。

  1. 「MS-IME」ツールバーの「単語/用例登録」アイコンをクリックします。

  2. 「辞書ツール」ボタンをクリックします。

  3. メニューバーの「ツール」→「抽出」とクリックします。

  4. 「登録の種別」欄の「学習単語」だけにチェックを付け、→「抽出」ボタ ンをクリックします。→自動登録された単語の一覧が表示されます。

  5. 一覧の中から必要な単語をダブルクリック、→「単語/用例の変更」で正 式に単語登録をします。

  6. 不要な単語だけが残ったら、全てを削除するのですが、複数の単語を選択 することができません。1個ずつ削除をするのは大変な手間がかかります。 纏めて削除するには次のようにします。

    「ツール」→「一覧の出力」とクリックします。→「一覧の出力単語一覧」 ダイアログが表示されます。→そのまま「開く」ボタンをクリックします。 →「一覧の出力を終了しました。」と表示されます。→「終了」ボタンを クリックします。

  7. 「辞書ツール」に戻り、→「ツール」→「テキストファイルで削除」とク リックします。→「テキストファイルで削除」ダイアログが表示されます。

  8. 一覧の「outputx.txt」を選択、→「開く」ボタンをクリックします。→ 「削除処理を終了しました。」と表示されます。→「終了」ボタンをクリ ックします。

    以上で「学習単語」から不要な単語はすべて削除されます。

  9. エクスプローラで「C:\WINDOWS\IME\IMEJP\UsrDicts」フォルダを開き、 →「outputx.txt」を削除します。

--------------------------------------------------------------

■このマガジンの説明画像入りは、http://www.salty1.com/ でご覧下さい。