メッセージルール



 世の中には色々な人がいます。嫌がらせメールを執拗に送ってくる者もいます。メッセージルールで、特定の送信者のメールは「削除」するように設定できますが、これではダウンロードをして「削除済アイテム」に保存するだけです。

 また、「ツール」→「メッセージルール」→「禁止された送信者の一覧」とクリック、→「追加」ボタンをクリック、→禁止する相手のアドレスを入力、→「OK」→「OK」とクリックした場合も「削除済アイテム」に保存されるだけです。します。

 相手は嫌がらせをしたいのですから、数MBのファイルを添付してくることもあります。長時間かけてダウンロードをしてみると、嫌がらせのメールだったということもあります。

 容量が小さなメールでも、目に触れるだけで不愉快です。このようなメールは、メールサーバーからダウンロードをする前に、サーバーから削除してしまえば良いのです。

  1. Outlook Express の「ツール」→「メッセージルール」→「メール」とクリック、→「新規作成」ボタンをクリックします。







    禁止する相手の受信メールから設定する場合は、メールを選択、→「メッセージ」→「メッセージからルールを作成」とクリック、→「3.」へ進みます。




  2. 「1.ルールの条件を選択してください」では「送信者にユーザーが含まれている場合」にチェックを付けます。

  3. 「2.ルールのアクションを選択してください」では「サーバーから削除する」にチェックを付けます。




  4. 「3.ルールの説明」では、青い文字の「ユーザーが含まれる場合」をクリック、→「ユーザーの選択」の上の入力欄に相手のメールアドレスを入力、→「追加」→「OK」とクリックします。




  5. 「4.ルール名」では、分かりやすい名前を入力します。




  6. 「OK」ボタンをクリックします。
目次に戻る