システムのプロパティ 全般タブの表示



 デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンを右クリック、→「プロパティ」をクリックすると「システムのプロパティ」の「全般」タブが表示されます。

 ここには「OS名」「使用者名」「会社名」「CPU名」「メモリ容量」が表示されています。中古パソコンの場合は、他人の名前や会社名が表示されていることがあります。これらのユーザー情報を変更する方法は以前にも書きましたが、2年近くも前のことなので、もう一度書きましょう。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリックします。→「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。

  2. 「名前」欄に「regedit」と半角で入力、 →「OK」ボタンをクリックします。→「レジストリエディタ」が表示されます。

  3. 左側欄で「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」とフォルダを開いていきます。

  4. 右側欄に「RegisteredOwner」というファイルがあります。 これをダブルクリックします。→「文字列の編集」ダイアログが表示されます。

  5. 「値のデータ」欄にあなたのお名前を入力して「OK」ボタンをクリックします。

  6. RegisteredOrganization」が会社名です。上記と同じようにします。

  7. 「レジストリエディタ」を閉じます。→ユーザー情報の変更は完了です。
 「全般」タブにボタンを作り、クリックすると「サポート情報」を表示させることができます。ここにOSのバージョンアップやハードウェアの増設などの履歴を記入しておくと便利ですよ。

 また、「全般」タブに「メーカー名」と「機種名」を追加表示することもできますし、左下には画像を表示することもできます。

  1. C:\WINDOWS\SYSTEM」フォルダを開き、→「OEMINFO.INI」ファイルをダブルクリックすると「メモ帖」が開きます。

  2. [Support Information]」と表示されていますね。 その行の下にパソコンの履歴を次のように入力します。

    Line1="1999/02/05 購入"
    Line2="2000/09/17 Windows Me にバージョンアップ"
    Line3="2001/05/07 Windows 2000 インストール"
    Line4="2001/08/25 Windows XP インストール"
    Line5="2001/11/10 DVD-ROM 増設"


  3. 1行空けて、パソコンのメーカー名と機種名を次のように入力します。

    [General]
    Manufacturer=DELL Computer Corporation
    Model=Dimension XPS R400





  4. 画像はサイズ「横210×縦105px」のビットマップ形式で作成、→「C:\WINDOWS\SYSTEM」フォルダに「oemlogo.bmp」というファイル名で保存します。

    「システムのプロパティ」の「全般」タブに、既にパソコンメーカーのロゴが表示されている場合は「C:\WINDOWS\SYSTEM」フォルダ内の「oemlogo.bmp」ファイルの名を他の名前に変更、→あなたが作った画像ファイルを「oemlogo.bmp」という名で保存してください。

    では、「システムのプロパティ」の「全般」タブを開いてみましょう。下図のように表示されましたか?




    次に、「サポート情報」ボタンをクリックしてください。下図のように表示されましたか?

目次に戻る