63歳パソコン教師の日記 NO.713 (2002.2.01)


 2月に入ると、急に春が近くなった気がしますが、今が一年で一番寒い時なのですね。札幌雪祭りも始まりますし、オリンピックもすぐですね。パソ コンを始めてから、テレビを見る時間がほとんどなくなりましたが、オリンピックの放送はしっかり見ようと思っています。

 私は5種類のパソコン雑誌を購読していますが、最近は「Windows XP」関連の記事が目立ちますね。「Windows XP」が発売された当初は様子を見てい た人たちも、購入を考え出したのでしょう。

 「Windows XP」を使うには2通りあります。現在のマシンにインストールするか、「Windows XP」がインストールされているパソコンを購入するかで す。あなたはどちらをお考えですか?

 「Windows XP」を使うには「300Mhz」が最低条件ということですが、私は「Pentium ?400MHz」 メモリ「258MB」のマシンに「Windows XP」をインス トールして使っていましたが、非常に動きが遅くてイライラのし通しでした。この程度のマシンの場合は「Windows XP」のインストールは行わない方が良 いと思います。

 パワーのあるマシンでも、「Windows XP」にバージョンアップすると、これまで「Windows 98」や「Windows Me」で使っていたハードやソフト中には 使えなくなるものもあります。それらを使うには、デュアルブートにすることです。

 そのためには、ハードディスクは1個でもOKですが、パーティションを切って最低2個以上のドライブにします。そのためのソフトが色々売られて いますが、「FDISK」を使えばソフトは不要です。

 この場合は、パーティションを切り、→フォーマット、→「Windows 98」や「Windows Me」のクリーンインストール、→「Windows XP」のインストー ルの順に行います。

 ハードディスクがすでに複数のパーティションに切ってあるのなら簡単です。「Windows 98」や「Windows Me」を起動した状態で「Windows XP」のC D−ROMをセットして、起動ドライブ以外にインストールすればOKです。

 その際に注意しなければならないのは、「新規インストール」を選択、→インストールパーティションは起動ドライブ以外にすることです。「新規イ ンストール」の場合でも「バージョンアップ版」でOKです。

 「Windows XP」マシンを購入して「Windows 98」や「Windows Me」とデュアルブートにするのはちょっと面倒です。「Windows 98」や「Windows Me」 を先にインストールしなければなりませんから、パーティションを切って、→フォーマット、→「Windows 98」や「Windows Me」をインストールします。 その後の「Windows XP」インストールは上記と同じです。

 2台のパソコンを置くスペースがあるなら、デュアルブートにする必要はありません。これまで使っていたパソコンも、新しく購入した「Windows XP」 パソコンもそのまま使った方が良いでしょう。

 この場合、2台のパソコンを繋いで使うと便利です。家庭で複数のパソコンを使う場合はルーターを使ってLANケーブルで接続する方法が良いので すが、2台だけなら、クロスケーブルやUSBケーブルで繋ぐ簡単な方法もあります。