フリーズしたアプリケーションを自動終了



 起動中のアプリケーションがフリーズした場合は「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを押し、 →「応答なし」と表示されているアプリケーションを選択、→手動で強制終了させます。

 しかし、「プログラムの強制終了」ダイアログがなかなか表示されないことがありますし、面倒です。フリーズしたアプリケーションを自動で終了させるように設定することができます。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。→「レジストリエディタ」が起動します。

  2. 左欄で「HKEY_CURRENT_USER」→「Control Panel」→「Desktop」とダブルクリックで開いていきます。

  3. 右欄の「AutoEndTasks」をダブルクリックで開き、→「値のデータ」欄を「1」に変更、→「OK」ボタンをクリックします。(デフォルトは自動終了オフの「0」です)

    「AutoEndTasks」がない場合

    1. 「Desktop」キーを右クリック、→「新規」→「文字列」とクリックします。

    2. 作成された「新規値」を「AutoEndTasks」に変更 、→「Enter」キーを押して名前を確定します。

    3. 「AutoEndTask」をダブルクリックで開き、→「値のデータ」欄に「1」を入力、→「OK」ボタンをクリックします。

  4. 右欄の「HungAppTimeout」をダブルクリックで開き、→「値のデータ」欄を「このアプリケーションは応答ありません」までの時間を千分の一秒単位で変更、→「OK」ボタンをクリックします。(デフォルトは5秒の「5000」です)

    「HungAppTimeout」がない場合は「3.」と同じように作成します。

  5. 右欄の「WaitToKillAppTimeout」をダブルクリックで開き、→「値のデータ」欄を「このアプリケーションは応答ありません」から「終了」までの時間を千分の一秒単位で変更、→「OK」ボタンをクリックします。(デフォルトは20秒の「20000」です)

    「WaitToKillAppTimeout」がない場合は「3.」と同じように作成します。




  6. 「レジストリエディタ」の右上の「×」をクリックして終了、→再起動します。
目次に戻る