63歳パソコン教師の日記 NO.723(2002.2.12)


 昨夜は2時までパソコンに向かっていましたが、早朝5時からオリンピッ クの男子スケート500m一回目の放送があるというので、寝ないで見まし た。清水選手は2位につけたのでまあまあでしたが、応援をしていた堀井選 手は残念でした。

 それよりも、清水選手の最大のライバル、金メダル候補ナンバーワンのカ ナダの選手が最終組に登場して、スタート直後に転倒、一瞬にしてメダルの 夢が消え去ってしまったのはショックでした。これによって、彼の人生が一 転しないよう祈りました。

 久しぶりに朝食を摂り、あと10日で運転免許の更新期限なので、更新手 続きに行ってきました。私の前には、更新手続きに来た老人がいました。更 新をしても運転は大丈夫なのだろうかと心配になりました。係官がその老人 の免許証を見ながら、生年月日の確認をしている声が聞こえてきました。

 「昭和14年2月XX日ですね?」と係官。えっ、老人と思った彼は私よ り1歳下なのです。思わずニヤリとしてしまいました。俺はまだまだ若いと いう思いです。

 帰り道、車を運転しながら、またニヤリとしてしました。でも待てよ!相 手も俺を見て「一歳しか違わないのに老けているなあ」と思ったのではない のだろうか?

 まあいいさ、彼がどう思おうと俺をいい気分にさせてくれたのだからと、 我が家に向かいました。今日の神奈川は、運転をしていると気分が良くなる ほどの好天でしたよ。

 トラブル続きだったパソコンも昨日までに完全に修復できたので、今日は 「Windows 2000」をDドライブにインストールしましたが、またまたトラブ ルが起きてしまいました。  「Win Me」に「Win 2000」をインストールした時は、「Win Me」を起動し て、→「Win 2000」の CD-ROM をセット、→「新規インストール」を選択、 →画面の表示に従って簡単にインストールできました。

 今回も「Win XP」を起動して、→「Win 2000」の CD-ROM をセットしまし たが、バージョンの低いOSはインストールすることはできませんでした。  それで、パソコンの電源を入れ直し、→「Win 2000」の CD-ROM をセット、 →「CD-ROM BOOT」を選択、 →Dドライブに「Win 2000」をインストールし ました。「Win XP」をクリーンインストールした時と同じ方法です。

 ところが、電源を入れ、→OSの選択画面で「Win XP」を選択すると起動 できません。「Win 2000」の方はOKです。「boot.ini」を書き換えたり、 その他、私の頭で考えられることは色々やってみましたが、「Win XP」を起 動することができません。

 「Win 2000」をインストールしたために「Win XP」が使えないのでは本末 転倒です。慌てて「Win 2000」をインストールしたDドライブをフォーマッ トしました。再起動をしてみましたが、やはり「Win XP」は起動しません。

 「Win 2000」を削除したのですから、全く起動できなくなってしまいまし た。再度「Win 2000」をDドライブにインストールしましたが、前と同じく 起動できるのは「Win 2000」だけで「Win XP」は起動しません。

 仕方なく、デルコンピュータのサポートへ電話をかけました。指示に従っ て色々やってみましたが駄目です。終いには、「デュアルブートはサポート の対象ではありません」と言われてしまいました。

 「自分の責任で行いますから、アドバイスをお願いします」と頼んだとこ ろ、「OSの再インストールするより方法はありません」ということです。

 OSのクリーンインストールをするには、データのバックアップ、→OS の再インストール、→ドライバのインストール、→各種設定、→アプリのイ ンストールなどをすると数日はかかります。やっと昨日で全てが正常に機能 するようになったばかりなのです。

 そこで、「Win XP」の「修復セットアップ」を行ってみようと思いました。 インストールに要する時間は「クリーンインストール」と同じですが、これ は1時間足らずで済みます。これで駄目なら、「クリーンインストール」を するより方法はありません。

 結果はOKでした。「Win XP」と「Win 2000」のデュアルブートの成功で す。先に「Win 2000」をインストール、→次に「Win 2000」を起動して、→ 「Win XP」を「新規インストール」すれば何も問題はなかったのですが、逆 に行ったために苦労したわけです。「修復セットアップ」を行ったことで、 後から「Win XP」をインストールしたのと同じ結果になったのでしょう。

 ハードウェアのドライバやアプリは、OS毎にインストールします。ドラ イバは「Win 98/Me」用と「Win XP」用は違いますから、 それぞれに適合し たドライバをインストールします。

 アプリの場合、例えば「Win 98/Me」に「MS Word」をインストールしてあ っても、 「Win XP」など、他のOSでも「MS Word」を使うなら、それぞれ のOSごとにインストールしなければなりません。

 データを保存するドライブは、OSがインストールされていないドライブ を使い、ファイルシステムをFAT32にしておけば 「Win 98/Me」からも、 「Win 2000/XP」からでも使うことができます。

 「Win XP」には「Professional」と「Home Edition」がありますが、その 違いは、「Professional」には「Home Edition」にはない機能が備わってい るということです。「Professional」という名前から、初心者には使い難い のではと思っている人もいますが、使い方は同じです。

 普通に使う分には「Home Edition」で充分ですが、予算が許すのであれば 「Professional」にされることをお勧めします。OEMの場合は、僅か数千 円しか違いません。