64歳パソコン教師の日記 NO.731 (2002.2.22)


 今日から「64歳パソコン・・・」とタイトルが一文字変更になりました。昨日から沢山の読者の方々からお祝いのメールを頂きました。お祝いをお寄 せくださった皆さん、有難うございます。この歳になって多数の方から祝って頂けるのも、パソコンをやっているお陰だと思っています。

 今日は、久しぶりに朝から仕事で外出しました。昨日までの一週間は、ほとんど寝ないで仕事をしていましたので、昨夜は早々と休みましたが、今朝 も頭が朦朧としていました。

 午後から、宅建協会の会議にでて、この一週間の成果「賃貸用書類一括作成システム」の説明を行い、宅建協会で会員向けに販売と講習会をすること になりました。寝ずに頑張った甲斐がありました。

 今日は、ワードの便利な技を三つご紹介します。

 文字のサイズを変更するには、ツールバーのフォントサイズのドロップダウンリストから選択しますが、リストには「12/14/16/18/20」と2ポイント 刻みになっていますね。

 例えば、13ポイントにしたければ、直接「13」と半角で入力すれば良いですが少々面倒です。キーボードから1ポイント刻みで変更することができ ますよ。

 1ポイント大きくする場合は「Ctrl」+「]」キーを押します。

 1ポイント小さくする場合は「Ctrl」+「[」キーを押します。

 上下向き「▼」を入力するには「さんかく」と入力して、→「変換」キーを押せば候補リストにありますね。しかし、横向き三角はありませんですね。

 先ず、上下向き「▼」を入力、→その三角を選択、→ツールバーのフォント名の前に半角で「@」を入力、→「Enter」キーを押すと横向きになります。 「@」が頭に付いているフォントは縦書き用ですからね。

 ワードで、何ページにもおよぶ文書を編集中、一旦、作業を中断して保存した後、作業を再開した時に、編集中の個所を忘れてしまったことはありま せんか? 「Shift」+「F5」キーを押すと、終了前の個所に戻りますよ。