64歳パソコン教師の日記 NO.740 (2002.3.03)


 数日間、暖かい日が続いていましたので、桃の節句の今日は肌寒く感じました。昨夜から、フロッピーディスクラベルのデザインを考えていました。 凝ったものを作ろうとして、数種類作りましたが気に入りません。結局、背景画像に文字だけというシンプルなものに落ち着きました。


 「エクセル」でセルの結合をする場合は、セルをドラッグして選択、→ツールバーの「セルを結合して中央揃え」ボタンをクリックすればよいのです から簡単ですね。

 しかし、結合したセルを解除する場合は、セルを選択、→右クリック、→「セルの書式設定」をクリック、→「配置」タブを開き、→「セルを結合す る」のチェックを外して、→「OK」ボタンをクリックしなければなりません。ツールバーに「結合解除」ボタンを作っておくと便利ですよ。

  1. 任意のセルを結合します。

  2. 「ツール」→「マクロ」→「新しいマクロの記録」とクリックします。

  3. 「マクロ名」欄に任意の名前を入力、→「マクロの保存先」欄は「個人用マクロブック」を選択、→「OK」ボタンをクリックします。

  4. 「1.」で結合したセルを選択、→右クリック、→「セルの書式設定」をクリック、→「配置」タブを開き、→「セルを結合する」のチェックを外し  て、→「OK」ボタンをクリックします。

  5. 「記録終了」ボタンをクリックします。

  6. 「ツール」→「マクロ」→「マクロ」とクリック、→「3.」で付けたマクロ名を選択、→「編集」ボタンをクリックします。

  7. 「VBエディタ」が起動し、→マクロの内容が表示されます。下記の記述があれば削除します。「A1:D1」は「4.」で結合解除したセル番地です。

    Range("A1:D1").Select

    この記述がなければ、そのまま「VBエディタ」を終了します。

  8. 「表示」→「ツールバー」→「ユーザー設定」とクリック、→「コマンド」タブを開き、→「分類」欄で「マクロ」を選択します。

  9. 「コマンド」欄の「ユーザー設定ボタン」をツールバーにドラッグ、→マウスポインタが「|」の形になったらドロップします。

  10. 作成されたボタンを右クリック、→「マクロの登録」をクリック、→「3.」で付けたマクロ名を選択、→「OK」ボタンをクリックします。

    以上で、ツールバーに作成されたボタンにマクロが設定されました。

 「マクロ」という言葉はご存知でしょうが、難しそうだという先入観から手を付けない人が多いですね。このように、簡単なことから入っていくと、 面白くなってきますよ。

 面白くなったらしめたものです。努力しなくても、どんどん覚えていきますから。パソコンも同じです。最初はゲームをやったり、メールやインター ネットを楽しんでいれば、その内に疑問が生じ興味が湧いてきます。