63歳パソコン教師の日記 NO.741(2002.3.4)


 昨日のマガジンで、エクセルのツールバーに「結合解除」のボタンを作る 方法を書きましたが、読者の「江口健一さん」と「安川真平さん」から、下 記のアドバイスを頂きました。こんな簡単な方法があったのですね。有難う ございました。

 「ツール」→「ユーザー設定」とクリック、→「コマンド」タブを開き、 →「分類」欄の「書式」を選択、→「コマンド」欄の「セル結合の解除」を ツールバーへドラッグ&ドロップします。

   昨日はFDのラベル作りをしましたが、一日がかりの仕事になってしまい ました。以前から使っていたFDラベル印刷ソフトがあるのですが、用紙が 違うと思うように印刷できません。

 急遽、買ってきた用紙のメーカーのサイトから、専用のソフトをダウンロ ードして使ってみましたが、使い勝手はいまいちですし、綺麗に印刷できま せん。あれこれ試して、最後には「ワード」で作りました。

 最近はCD−Rが一般的になりましたが、まだまだFDも利用価値があり ます。パソコンをやっている人なら数十枚のFDはあるでしょうね。自分で 使う分には、FDに付属のラベル用紙に手書きでも良いでしょうが、人に渡 す場合は、格好の良いラベルを貼っておきたいものです。「WORD 2000」で ご説明しましょう。

 A4サイズの用紙は、横2列、縦4段のものが多いですね。「ワード」で は、先ず、余白の設定をします。「ファイル」→「ページ設定」とクリック、 →「余白」タブを開きます。→用紙に余白の寸法が書いてありますから、そ の通りに設定します。

 横2列なら、2段組にします。「書式」→「段組み」とクリック、→「種 類」欄で「2段」を選択、→「段と幅の間隔」では、用紙に記載されている 幅を入力します。

 「段の幅」と「間隔」が「ミリメートルで表示されていない場合は「ツー ル」→「オプション」とクリック、→「全般」タブを開き、→「使用する単 位」を「ミリメートル」にして、→「OK」ボタンをクリックします。

 以上で「ルーラー」が2段分になって入力範囲が表示され、入力の準備が 整いました。凡その目安で縦の入力範囲の4分の1に文字を入力します。ラ ベル1枚分を入力したら、→それをコピーして、→次の行に貼り付けます。 こうして、1段目(左側)に4枚分を作ります。

 入力範囲の最下部をオーバーしているか、余白が多過ぎるかを確認します。 これを調整するには、空行又は任意の行にカーソルを置き、「書式」→「段 落」とクリック、→「インデントと行間隔」タブを開き、→「間隔」欄の 「行間」の▼ボタンをクリック、→「固定値」を選択し、→「間隔」の数値 を指定します。

 他の3枚のラベルの同じ箇所を同じ数値にします。これで入力範囲の最下 部を確認します。上手く納まっていればOKですが、駄目なら「間隔」の数 値を修正して、ぴったり納まるようにします。

 1段目をドラッグして選択、→反転した上で右クリック、→2段目(右側) に貼り付けます。これで完成です。文字で書くと長くなりますが、やってみ れば簡単です。

 背景画像を入れる場合は「挿入」→「図」→「ファイルから」とクリック、 →予め用意しておいた画像を選択、→「挿入」ボタンをクリックします。

 画像が挿入されると、文字がずれてしまいます。挿入された画像をクリッ クして選択すると「図」のツールバーが表示されます。「テキストの折り返 し(犬の図柄)」→「内部」→「テキストの折り返し」→「背面」とクリッ クします。これで画像が文字の後ろに表示できます。

 画像の上にマウスポインタを移動すると、十字矢印に変わります。この状 態でドラックして画像を任意の位置へ移動します。