63歳パソコン教師の日記 NO.747(2002.3.11)


 最近は日が長くなりましたね。まだ明るいからと思って時計を見ると、6 時を回っており、慌ててマガジンを書き始める毎日です。早い時間に配信す れば良いのですが、次のような都合があるのです。

 まぐまぐの「カテゴリ分類」で「初心者向けパソコン講座」を開くと、マ ガジンの紹介が載っています。この順序は、前日の締め切り時間に近い方が 上位に表示されます。配信が早過ぎると2ページ目、3ページ目になってし まいます。

 1ページ目の上位に表示された日は、新規購読者が纏まって増えますが、 3ページ目ともなると誰の目にも触れることはないらしく、新規購読者はゼ ロとなってしまいます。そのために、締め切り間際に配信が殺到するのです。 発行するからには、一人でも多くの人に読んで貰いたいと思うのは皆同じで すね。

 この締め切り時間は午後8時前後だと思うのですが、一定していないため に、狙い過ぎると締め切り後だったということもあります。土日は更新され ないので、金曜日の配信が締め切り後だと、3日間は新規購読者はなしとな ります。今夜も7時になりました。そろそろ配信予約をすることにします。


【アクセラレーターキー】

 パソコン初心者の人は、操作の大部分をマウスのクリックで行っている人 が多いでしょうね。少し慣れてきたら、マウスの右クリックを使うと便利で すね。さらに慣れてきたら、マウスの代わりに「アクセラレーターキー」を 使うようにすると、操作が格段に速くなりますよ。

 パソコンがフリーズしてマウスが効かなくなった場合、「ウインドウズ」 キー(ウインドウズフラッグの刻印)、→「U」キー、→「Enter」キーと押 すと終了できますね。これが「アクセラレーターキー」です。

 「ウインドウズ」キーを押して「スタートメニュー」を表示すると、各項 目の右に 「設定(S)」のように括弧内に下線の付いたアルファベットが表示 されていますね。 「S」キーを押すと「設定」のサブメニューが表示されま す。「コントロールパネル(C)」の「C」キーを押すと「コントロールパネル」 が開きます。

 開いている「ウインドウ」のメニューバーを選択するには 「Alt」キーを 押します。「ファイル(F)」の「F」キーを押すと、→「ファイル」のドロッ プダウンリストが開きます。「閉じる(C)」の「C」キーを押すと終了します。

 「ダイアログ」で「アクセラレーターキー」を使うには、表示されている アルファベットのキーと一緒に「Alt」キーを押します。例えば「設定(T)」 なら「Alt」+「T」キーを押します。

 ボタンの場合はクリックしたことになり、チェックボックスの場合は、チ ェックのオン・オフ、入力欄の場合は、入力できる状態になります。

 選択項目の移動は「矢印」キーで行うことができます。セクションの移動 は「Tab」キーで行います。タブの移動は「Ctrl」+「Tab」キーを押します。

 「エクスプローラ」で上の階層へ移動する場合は「←」キー、下の階層を 表示する場合は「→」キーを押します。例えば、Cドライブが選択されてい る時に「→」キーを押すと、→「ルートディレクトリ」が表示されます。

 フォルダには「アクセラレーターキー」はありませんが、フォルダ名の頭 文字のキーを押します。「WINDOWS」フォルダを開くなら「W」キーを押しま す。頭文字「W」のフォルダが複数ある場合は一番上のフォルダが開きます。

 例えば「WS30V2」というフォルダを開きたい場合は「W」→「S」と続けて 押します。これは、右欄でファイルを選択する場合も同じです。

 左欄から右欄に移動する場合は「Tab」キーを押します。 逆に、右欄から 左欄に戻る場合は「Shift」+「Tab」キーを押します。

 マウスで行う操作のほとんどはキーボードから行うことができます。タイ ピング(文字入力)が速くなっても、他の操作をマウスで行っていては限界 があります。キーボードを多用するようにしましょう。