64歳パソコン教師の日記 NO.771 (2002.4.05)


 今日は 「DELL Dimension XPS R400」の「Win Me/2000/XP」OSがインストールされたC〜Eパーティションをフォーマット、 →「Win Me」と「Win 2000」をCとEにクリーンインストールしました。

 私のように色々なことを試したり、故意にトラブルを起こしていると、1ヶ月も経てばあちこち不具合が生じてきます。アプリのインストール、→アンインストールも頻繁にやっていますから、レジストリも肥大化してしまいます。そんな訳で、フォーマット、→クリーンインストールが手っ取り早い のです。


 パソコンがフリーズした場合には 「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを押して強制終了しますが、再起動すると「スキャンディスク」が実行されます。

 「スキャンディスク」は、強制終了をする前に使用していたドライブにエラーがないかチェックするものですが、これが結構長い時間に感じられてイライラします。

 強制終了の度に「スキャンディスク」を実行されては堪りませんから、私は強制終了をしても「スキャンディスク」を実行しないように設定しています。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄に「MSCONFIG」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。→「システム設定ユーティリティ」が起動します。

  2. 「全般」タブの「詳細設定」ボタンをクリックします。→「アドバンストラブルシューティングの設定」が開きます。

  3. 「Windows Me」の場合、「異常終了後にスキャンディスクを実行しない」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。

 「Windows 98」の場合は、「不正なシャットダウンの後にスキャンディスクを実行しない」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。


 「アドバンストラブルシューティングの設定」を開いた序に、「スタートアップメニューを使用可能にする」にチェックを付けると、パソコン起動時 に「スタートアップメニュー」が表示されるようになりますよ。

 パソコンにトラブルが発生した場合は 「Safe mode」で起動して修復を試みますが、そのためには、電源を入れ、→「Ctrl」キーを押して「スタート アップメニュー」を表示、→「Safe mode」を選択します。

 ところが「Ctrl」キーを押すタイミングを逃すと、また再起動をやり直さなければなりません。上記の設定をしておくと確実に 「Safe mode」で起動 できます。「スタートアップメニュー」が表示されたら、↓キーまたは番号キーで「Safe mode」を選択、→「Enter」キーを押します。

 「スタートアップメニュー」が表示されたら 「Enter」キーを押せば普通に起動します。放っておいても30秒後に普通に起動しますが、起動の度に 30秒も余計にかかったのではたまったものではありません。

 この時間を変更するには、「C:\MSDOS.SYS」ファイルを「メモ帖」で開き、→[Options] 欄の最後の行に「[BootMenuDelay=5]」と書き加え、 →上書き 保存します。これで、放っておいても5秒後には普通に起動します。