64歳パソコン教師の日記 NO.777 (2002.4.11)


【文字列の置換】

 私はタグを入力してホームページを作成しています。このマガジンの読者の皆さんの中にも同じ方法で作成されている方が多数いらっしゃいますね。

 メモ帖は入力できる容量が制限されています。記憶が定かではありませんが、35KB 程度だったと思います。 この限度を超えているホームページを表 示して、→「表示」→「ソース」とクリックするとメモ帖が開きますが、上書き保存はできません。

 このような場合はホームページを表示しないで、ファイルを右クリック、→「プログラムから開く」をクリック、→メモ帖以外のテキストエディタを クリックします。 私は「TeraPad」で開き、→修正、→上書き保存しています。

 このソースの中に沢山ある同じ文字列を変更する場合はどうされているでしょうか。例えば、テーブルを使って表を作成して、一行おきに背景色を付 けているとします。この色を他の色に変更してみましょう。

 <TR BGCOLOR="azure"> を <TR BGCOLOR="lavenderblush"> に変更します。

 「lavenderblush」をコピー、→「azure」をドラッグして選択、→右クリック、→「貼り付け」でOKです。でも、100個所もこのようにして書き 換えるとしたら大変な作業ですね。

「TeraPad」は文字列の書き換えにも便利です。 メニューバーの「検索」→「置換」とクリック、 →「検索する文字列」欄に「azure」→「置換後の文 字列」欄に「lavenderblush」と入力、 →「すべて置換」ボタンをクリックします。すべての「azure」が一気に「lavenderblush」に書き換えられます。

 この機能は「ワード」や「エクセル」は勿論、「ワードパッド」にもあり、「Windows XP」の「メモ帖」にも備わりました。

 「Office2000」の「ワード」の場合は「編集」→「検索」とクリック、→「置換」タブを開いて行います。

 「エクセル」の場合は「編集」→「検索」とクリック、→「置換」ボタンをクリックして行います。

 「ワードパッド」の場合は「編集」→「置換」とクリックして行います。

 「Windows XP」の「メモ帖」の場合は「ワードパッド」と同じです。

 「置換後の文字列」欄を空白にしておき、→「すべて置換」ボタンをクリ ックすると、→「検索する文字列」欄に入力した文字列が削除されます。

 この「置換」機能は、ソースの修正だけでなく、一般の文書の場合も同じように利用できます。

 例えば、「平成14年」を「2002年」、「する」を「します」、「俺」を「私」のように書き換えます。

--------------------------------------------------------------------

 昨年暮れに蔓延したウィルスの猛威が下火になって一安心していましたが、4月に入った途端、受信するウィルスメールが急増しています。皆さんも十 分お気を付けください。