64歳パソコン教師の日記 NO.778 (2002.4.12)


 昨日のマガジンに「メモ帳」は 35KB 程度しか保存できないと書きましたが、調べてみたところ正しくは 64KB でした。

 フォルダ内のファイルリストを作成しておくと、後日の参考になりますよ。「エクスプローラ」を開いてひとつずつメモするなんて気が遠くなりますね。 「MS-DOS」のコマンドを使えば簡単に作成できます。

  1. 「スタート」→「プログラム」→「MS-DOSプロンプト」とクリックします。(Windows 9X)

    「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「MS-DOSプロンプト」とクリックします。(Windows Me)

    「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」とクリックします。(Windows 2000)

      「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」とクリックします。(Windows XP)

  2. 「D:\TEST」フォルダのファイルリストを「C」ドライブのルートディレクトリに「test.txt」というファイル名で作成する場合は、下記のように入力して、→「Enter」キーを押します。

    DIR /S D:\TEST > C:\test.txt

    DIR フォルダ内のファイルとフォルダを画面に表示するコマンドです。

    /s  子フォルダも対象にするスイッチです。

    > 画面に表示せずにファイルに書き込みます。

  3. 「C」ドライブを開くと「test.txt」ファイルが作成されています。

--------------------------------------------------------------------

 私のホームページにはフルスクリーンのページがあります。タイトルバー、メニューバー、ツールバー、ステータスバーのすべてがありません。全画面 一杯に表示されます。

 しかし、スクロールバーを非表示に出来ないため、黒色に設定して誤魔化していました。これでは右側の縦スクロールの分だけ画像が片寄ってしまう ため気になっていました。

 ところが今日、メイトの No.386 繩田さんから、スクロールバーを非表示にする方法を教えて頂きました。 「scroll=no」この記述だけでOKなので す。 私も「scroll=no」は試していましたが、記述する箇所が間違っていたのです。

 私は教えるだけではありません。このように読者の皆さんから色々なことを教えられ学んでいます。互いに教え合い、スキルアップしましょう。