64歳パソコン教師の日記 NO.783(2002.4.17)


 No.706では、起動時に自動的に「スタートアップメニュー」を表示させる 設定方法を書きましたが、今日は「Windows 2000」または「Windows XP」の OSをインストールしているパソコンで、「オペレーティングシステムの選 択」画面に「セーフモード」の項目を表示させる設定方法です。

 ここではCドライブに「Windows Me」、Dドライブに「Windows XP」がイ ンストールされている場合を例にご説明します。

  1. Cドライブ(起動ドライブ)のルートディレクトリに「boot.ini」または 大文字で「BOOT.INI」というファイルがあります。(C:\boot.ini)

    このファイルを右クリック、→「開く」をクリックします。→「メモ帖」 が起動し、下記のように表示されます。

    [boot loader]
    timeout=10
    default=C:\
    [operating systems]
    C:\="Microsoft Windows Millenium Edition"
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP
    Professional" /fastdetect

  2. 下記の部分をコピー、→次の行に貼り付けます。

    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP
    Professional" /fastdetect

  3. 貼り付けた記述に「 Sefemode」を追加、→
    「fastdetect」を「safeboot:minimal」に変更します。

    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP
    Professional Safemode" /safeboot:minimal

    全体は下記のようになります。

    [boot loader]
    timeout=10
    default=C:\
    [operating systems]
    C:\="Microsoft Windows Millenium Edition"
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP
    Professional" /fastdetect
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP
    Professional Safemode" /safeboot:minimal

  4. 「ファイル」→「上書き保存」とクリック、→「メモ帖」を閉じます。

 では、再起動してみましょう。下記のように「オペレーティングシステム の選択」画面に「Microsoft Windows XP Professional Safemode」が表示さ れましたね。

 Microsoft Windows XP Professional
 Microsoft Windows Millenium Edition
 Microsoft Windows XP Professional Safemode