64歳パソコン教師の日記 NO.807(2002.5.16)


 昨日は2進数と16進数についてちょっと触れましたが、もう少し具体的 に教えて欲しいというメールが届きましたので、今日も簡単にご説明するこ とにします。

 私たちが日常使っているのは10進数です。10になると1桁上がって1 になります。つまり、10になるのです。2進数では、2になると1桁上が って1になります。10進数の2が2進数では10ということです。ですか ら、2進数では0と1の数字しかありません。

 16進数では16になると1桁上がって1になります。10進数の16が 16進数では10ということです。では、10進数の10から15まではど う表せば良いのでしょうか。1桁で表すためにアルファベットのAからFま でを使います。10=A 11=B 12=C 13=D 14=E 15=F となります。  
10進数2進数16進数10進数2進数16進数
111211011015
2102221011116
3113231100017
41004241100118
51015251101019
6110626110111A
7111727111001B
81000828111011C
91001929111101D
101010A30111111E
111011B31111111F
121100C3210000020
131101D3310000121
141111E3410001022
1510000F3510001123
1610001103610010024
1710010113710010125
1810011123810011026
1910100133910011127
2010101144010100028

 私たちがパソコンを使う上で、2進数を直接入力する必要はありませんが、16進数は必要ですから覚えておくと良いでしょう。身近なところでは、色 の指定などでも使います。
 絵の具などの三原色は赤・黄・青ですが、パソコンで使うのは光の三原色 ですから、赤・緑・青です。この三原色の各色を2桁の16進数で表します。 2桁の最高数値は「FF」です。 2桁目の「F」は「16×15=240」、これに1 桁目の「F=15」を足すと「255」ですが、1桁目の「0」をプラスして「256」 ということになります。

 各色が256色あり、 3色ですから「256」の3乗で「16,777,216」色と なります。これがフルカラーというわけです。「RRGGBB」の6文字でこれだ けの色を表すことができるのです。