メンテナンスの自動実行



 パソコンを快適に使うには、デフラグ、スキャンディスク、ディスククリーンアップなど、日頃のメンテナンスが必要です。でも、これらの作業を手動で行うのは面倒ですね。寝ている間に自動実行するように設定しておきましょう。

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「メンテナンスウィザード」とクリックします。

  2. 「メンテナンスウィザード」が起動します。→「標準−一般的なメンテナンス設定を使用する」にチェックが付いていることを確認して、→「次へ」ボタンをクリックします。



     カスタム設定をする場合は「カスタム−メンテナンスをユーザーが設定する」にチェックを付けるのですが、必要があれば後でやりましょう。

  3. 「深夜−午前 0 時から午前 3 時」にチェックが付いていることを確認して、→「次へ」ボタンをクリックします。



  4. 「第1回目のタスクを実行する」がオフになっていることを確認して、→「完了」ボタンをクリックします。



     以上で設定完了です。では、これから標準設定を変更しましょう。

  5. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「メンテナンスウィザード」とクリックします。

  6. 「メンテナンスの設定やスケジュールを変更する」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。



  7. 「ユーザー設定−メンテナンスをユーザーが設定する」にチェックを付け、「次へ」ボタンをクリックします。



  8. 「メンテナンススケジュールの選択」画面で表示されている3つの時間帯以外に設定する場合は、→「ユーザー設定−現在の設定を使用する」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。



  9. 「Windows のすばやい起動」画面では、メンテナンスが実行される際に起動しないようにプログラムのチェックを外し、→「次へ」ボタンをクリックします。



  10. 「プログラムのスピードアップ」画面の「スケジュールの変更」ボタンをクリック、→「デフラグ」のスケジュールを設定、→「OK」ボタンをクリックします。





  11. 「設定」ボタンをクリック、→「デフラグ」を実行するドライブを指定、→「OK」ボタンをクリックします。



  12. 「次へ」ボタンをクリック、→「ハードディスクのスキャン」画面の「スケジュールの変更」ボタンをクリック、→「スキャン」のスケジュールを設定、→「OK」ボタンをクリックします。



  13. 「設定」ボタンをクリック、→「スキャン」を実行するドライブとチェック方法を指定します。



  14. 「完全」にチェックを付けた場合は「オプション」ボタンをクリック、→「完全チェックのオプション」画面で設定をして、→「OK」ボタンをクリックします。



  15. 「詳細」ボタンをクリック、→「スキャンディスクの詳細オプション」画面で、詳細設定をして、→「OK」ボタンをクリックします。



  16. 「次へ」ボタンをクリック、→「不要なファイルの削除」画面の「スケジュールの変更」ボタンをクリック、→「ディスククリーンアップ」のスケジュールを設定、→「OK」ボタンをクリックします。



  17. 「削除するファイルの種類」欄に追加する場合は「設定」ボタンをクリック、→追加するファイルの種類にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。



  18. 「次へ」ボタンをクリックすると、設定したタスクスケジュールが表示されます。→「完了」ボタンをクリックします。

目次に戻る