64歳パソコン教師の日記 NO.817 (2002.5.26)


 今日は「Windows Me」を例に、クリーンインストールの手順をご紹介します。必要なものは、Windows Me システム CD-ROM と付属の起動ディスク、及び新しいフロッピーディスクです。

 パソコンに付属の「リカバリーCD-ROM」を使う場合は、付属の説明書に書いてある通り実行してください。

  1. 起動ディスクを挿入、→電源を入れ、直ぐ「Windows Me システム CD-ROM」をセットします。→「Startup Menu」が表示されます。

  2. 「Start Windows Setup from CD-ROM」を選択して「Enter」キーを押します。

  3. 画面の指示に従い「半角/全角」キーを押します。

    (Windows 98 の場合はこの後に「起動ディスク2」を挿入するように表示されますから「起動ディスク1」を取り出し、→「起動ディスク2」を挿入します)

  4. スキャンディスクでドライブのチェックを行った後にセットアップが始まります。

  5. 「Windows Me セットアップへようこそ」と表示されます。 →「次へ」ボタンをクリックします。

  6. 「使用許諾契約書」画面が表示されます。→「同意する」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

  7. 「Windows プロダクトキー」画面が表示されます。→「ファーストステップガイド」の表紙に記載されている「プロダクトキー」を入力、→「次へ」  ボタンをクリックします。

  8. 「ディレクトリの選択」画面が表示されます。→「C:\WINDOWS」にチェックが付いていることを確認、→「次へ」ボタンをクリックします。

  9. 「セットアップ方法」画面が表示されます。→「標準」にチェックが付いていることを確認、→「次へ」ボタンをクリックします。

  10. 「ユーザー情報」画面が表示されます。→名前・会社名を入力、→「次へ」ボタンをクリックします。

  11. 「Windows コンポーネントの選択」画面が表示されます。→「標準的なコンポーネントをインストールする」を選択、→「次へ」ボタンをクリックします。

  12. LANボードなどのネットワーク関連機器が搭載されているパソコンの場合は「ネットワーク ID」画面が表示されます。 →コンピュータ名・ワークグループ名・コンピュータの説明を入力、→「次へ」ボタンをクリックします。

    (セットアップ後に入力できますから、ここでは何も入力しなくても構いません)

  13. 「国/地域」画面が表示されます。 →「日本」が選択されていることを確認、→「次へ」ボタンをクリックします。

  14. 「タイムゾーンの選択」画面が表示されます。→「東京・大阪・札幌」が選択されていることを確認、→「次へ」ボタンをクリックします。

  15. 「起動ディスク」画面が表示されます。→新しいフロッピーディスクをセット、→「OK」ボタンをクリックします。→「起動ディスク」が作成されます。

    (Windows 98 の場合は新しいフロッピーディスク2枚が必要です)

  16. フロッピーディスクを取り出し、→「OK」ボタンをクリックします。

  17. 「Windows Millennium Edition ファイルのコピー」画面が表示されます。→「完了」ボタンをクリックします。

  18. 「Windows Millennium Edition セットアップ」画面が表示され、 →ファイルのコピーが始まります。

  19. ファイルのコピーが終了すると再起動します。→「ハードウェアの設定が行われ、→再起動します。

  20. 「コントロールパネル・スタートメニューのプログラム・Windows ヘルプ・アプリケーションの起動チューンアップ・システムの設定」などの最終設定が行われます。→完了したら再起動します。

    --------------------------------------------------------------------

    ■HTML形式バックナンバー No.801〜No.810 までを、ヘミングメイトの「No.478 サラ小川さん」に作成して頂き、昨日アップロードしました。