64歳パソコン教師の日記 NO.851 (2002.7.04)


 昨日、今日と30°を越える暑さです。冷酒も良いですが、やはり冷えたビールですね。夕方、出張指導から帰宅し、直ぐにビールを飲みながら、こ のマガジンを書いています。

 世の中には色々な人間ががいるものですね。夜も寝ないでせっせと嫌がらせのメールやウィルスメールを送り続けている者もいます。そんなことをし て楽しいのでしょうか。まさに偏執狂ですね。

【メッセージルール】

 メッセージルールで、特定の送信者のメールは「削除」するように設定できますが、ダウンロードをして、→「削除済アイテム」に保存されます。

 また、「ツール」→「メッセージルール」→「禁止された送信者の一覧」とクリック、→「追加」ボタンをクリック、→禁止する相手のアドレスを入力、→「OK」→「OK」とクリックした場合も、ダウンロードをして、→「削除済アイテム」に保存されます。

 共に、時間をかけてダウンロードをして、→「削除済アイテム」から削除しなければなりません。

 「2.ルールのアクションを選択してください」で「サーバーからダウンロードしない」にチェックを付けた場合は、ダウンロードはしませんが、サーバーに保存され、決められた容量が一杯になると、他のメールも受信できなくなります。

 メールサーバーからダウンロードをせずに、削除してしまうのが一番良い方法ですよ。

  1. Outlook Express の「ツール」→「メッセージルール」→「メール」とクリック、→「新規作成」ボタンをクリックします。

    禁止する相手の受信メールから設定する場合は、メールを選択、→「メッセージ」→「メッセージからルールを作成」とクリック、→「3.」へ進みます。

  2. 「1.ルールの条件を選択してください」では「送信者にユーザーが含まれている場合」にチェックを付けます。

  3. 「2.ルールのアクションを選択してください」では「サーバーから削除する」にチェックを付けます。

     
  4. 「3.ルールの説明」では、青い文字の「ユーザーが含まれる場合」をクリック、→「ユーザーの選択」の上の入力欄に相手のメールアドレスを入力、→「追加」→「OK」とクリックします。

  5. 「4.ルール名」では、「サーバーから削除」など、分かりやすい名前を入力します。

  6. 「OK」ボタンをクリックします。

【円周率を表示する】

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「電卓」とクリックします。

  2. 「表示」をクリック、→「関数電卓」にチェックを付けます。

  3. 「10進数」にチェックを付け、→「PI」ボタンをクリックします。

    小数点以下31桁まで表示されます。

--------------------------------------------------------------------

■HTML形式バックナンバー No.841〜No.850 までを、ヘミングメイトの  「No.478 サラ小川さん」に作成して頂き、今日アップロードしました。