64歳パソコン教師の日記 NO.868(2002.7.22)


 バックナンバー No.072 で、大きなサイズのファイルをフロッピーディス クなどにバックアップする方法を書きましたが、これは、あくまでもバック アップですから、元の場所に復元するためのものです。

 今日は、大きなサイズのファイルをフロッピーディスクなどに保存するた めの、ファイル分割ツール「Cuts Like a Knife」をご紹介します。

 1個のファイルのサイズが数MBもあるファイルを他人に渡す場合、フロ ッピーディスクには入り切らないし、CD−Rに焼くのも面倒です。複数の フロッピーディスクに分割保存できれば便利ですね。


【大きなファイルをフロッピーディスクに分割保存する】

  1. 下記のサイトへアクセスして「Cuts Like a Knife 1.92F (1.66MB)」をダ ウンロードします。

    http://www.st.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~photo/clk/

  2. ダウンロードした「Cuts Like a Knife 1.92F」を解凍します。

  3. 解凍された 「SETUP.EXE」ファイルをダブルクリックすると、インストー ルされます。

  4. 「スタート」→「プログラム」 →「Cuts Like a Knife」とクリックして 起動します。

  5. 「Cut」タブを開き、→「Target File」欄の「Find」ボタンをクリック、 →保存するファイルを選択、→「OK」ボタンをクリックします。

  6. 「Destination」欄の「Find」ボタンをクリック、 →「フロッピーディス クドライブを選択、→「OK」ボタンをクリックします。

  7. 「Cut File」ボタンをクリックします。→フロッピーディスクへ書き込み が始まります。

  8. 1枚目の書き込みが終了すると「次のディスクをAドライブにセットして ください」と表示されます。→2枚目のフロッピーディスクと入れ替えま す。

    1枚目には「ファイル名.001」という名のファイルが保存されます。
    2枚目には「ファイル名.002」という名のファイルが保存されます。
    保存するファイルサイズによって、3枚目、4枚目と入れ替えます。

  9. 書き込みが終了すると「1番目のディスクをAドライブにセットしてくだ さい」と表示されます。→1枚目のフロッピーディスクと入れ替えます。

    「ファイル名.bat」ファイルが保存されます。

  10. すべての書き込みが終了すると「分割が終了しました」と表示されます。 →「OK」ボタンをクリック、 →「Cuts Like a Knife」を終了して、→ フロッピーディスクを取り出します。

【フロッピーディスクに分割保存したファイルを復元する】

  1. FDに分割保存したすべてのファイルを、復元するフォルダに移動または コピーします。

  2. 拡張子「.bat」が付いたファイルをダブルクリックします。同じフォルダ 内にファイルが復元されます。

※2HD フロッピーディスクの容量は 1.44MB ですが、実際に利用できる容量  は、1.38MB です。

【フロッピーディスクのフォーマット】

 フロッピーディスクを「クイックフォーマット」しようとすると、「この ディスクはクイックフォーマットできません」と表示されることがあります。 未フォーマットのフロッピーディスクは「通常のフォーマット」をしなけれ ば使用することができません。

 フロッピーディスクに書き込まれたデータをすべて消してしまうのが「ク イックフォーマット」です。データが書き込まれているということは、既に フォーマットされているのですから、データを消すだけで「通常のフォーマ ット」をしたのと同じ状態になります。