64歳パソコン教師の日記 NO.912 (2002.9.08)


 私のパソコンでエクスプローラを起動して G ドライブの「salty」フォルダを右クリック、→「プロパティ」をクリックしてみました。このフォルダ はホームページ「SALTY」用です。

 「プロパティ」には、サイズ:87MB、ファイル数:6,390、フォルダ数:171と表示されています。これらのファイルとフォルダ名を書き出すのは大変な 作業です。

 しかし、MS-DOSプロンプト(コマンドプロンプト)のコマンドを利用すれば簡単です。例として、C:\DATA フォルダ内のすべてのフォルダとファイル を、D ドライブの最上階層に list.txt ファイル名で書き出すことにします。

  1. 先ず、MS-DOSプロンプト(コマンドプロンプト)を起動します。

    Windows 95/98

    「スタート」→「プログラム」→「MS-DOSプロンプト」とクリックします。

    Windows Me

    「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「MS-DOSプロンプト」とクリックします。

    Windows 2000/XP

    「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」とクリックします。

  2. プロンプトの後にキーボードから「DIR /s /on C:\DATA > D:\list.txt」と入力、→「Enter」キーを押します。

  3. プロンプトが表示されたら右上隅の「×」をクリックして閉じます。

  4. D ドライブを開くと、→list.txt ファイルが出来ています。ダブルクリックすると「メモ帳」が起動してファイルリストが表示されます。

 スラッシュ「/」+アルファベットの部分を「スイッチ」といい、「DIR」コマンドに機能を追加します。 「DIR」は、ファイルリストを画面に表示す るコマンドです。 「>」は、ファイルリストを画面に表示せず、後に記述したファイルに書き込む意味です。

 /s  子フォルダすべてを対象にする」
 /b  ファイル名以外の要素は出力しない」
 /a-d フォルダ名はリストに含めない」
 /on  ファイルリストを昇順に並べ替える