64歳パソコン教師の日記 NO.933 (2002.10.02)


 昨日は朝から、宅建協会恒例のボランティア活動で「愛の献血運動」に協力してきました。台風が接近する風雨の中、ハンドマイクで通行人に献血を 呼びかけました。

 悪条件にも拘わらず、多数の方が献血してくださいました。献血できるのは16歳から64歳までですが、特に協力的なのは家庭の主婦など中年女性、 次いで作業服姿の中年男性でした。

 スーツ姿の男性や若い男女のほとんどはそ知らぬ顔で通り過ぎていきます。いつ自分が輸血を受ける立場になるかもしれないのです。献血は社会人とし ての義務だと感じて欲しいものです。

 昨日もマガジンを書き上げたのですが、29日と同じようにウィルス騒動のために、配信予約寸前に中止して休刊にしました。読者の皆さんには大変 申し訳ありませんでした。

 パソコンを外部と繋いでいる以上、100%ウィルスメールを受信することを想定して対処しなければならない時代です。万全のウィルス対策を講じ ることは、マナーというよりも義務なのです。

   これを怠ってウィルスに感染して、ウィルスメールの送信者を非難する人がいますが、感染した直後からウィルスメールを撒き散らしているのですか ら同罪です。ウィルスに感染したのが早いか遅いかの違いだけなのです。

 ウィルスに感染していると分るのは、ほとんどがウィルスメールを受信した相手からの連絡です。ウィルスチェックをしない限り、ウィルスに感染し ていると直ぐに自覚することはありません。

 自分がウィルスに感染するのは自業自得ですが、被害者は即加害者になっているのです。ウィルス対策を講じていないパソコンとウィルスに感染して いるパソコンは外部に接続しないでください。

heming@salty1.com または info@salty1.com をアドレス帳に登録しており、且つ、下記のプロバイダーをご利用され、IPアドレスが一致するる方はウ ィルスチェックをお願いいたします。(IPアドレスの4番目はアクセスの都度変わることもあります。例:[172.187.200.134] の場合 134 の部分)

 IPアドレスは、自分宛にメールを送受信、→右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「詳細」タブを開くと載っています。

 aol.com     [172.187.200.134] [172.187.251.32]
 asahi-net.or.jp [211.6.48.17]
 infoweb.ne.jp  [202.219.193.232] [218.229.107.14]
 lime.ocn.ne.jp  [211.122.62.123]
 nifty.com    [63.51.105.172]
 sage.ocn.ne.jp  [203.140.122.204]
 tiki.ne.jp    [61.197.10.53] [61.197.11.97] [210.139.89.231]
 zaq.ne.jp    [211.124.195.44]

【ウィルス対策とセキュリティ強化】

  1. ウィルス対策ソフトを使う。または、プロバイダーのウィルスチェックサービスを利用する。

  2. ウィルス対策ソフトを使う場合は、自動アップデートを有効にして、常に最新の状態にする。

  3. Outlook Express の「プレビューウィンドウ」を表示しない。

    「表示」→「レイアウト」とクリック、→「プレビューウィンドウを表示する」のチェックを外し、→「OK」をクリックします。

  4. ウィルスが勝手にメールを送信しないように設定する。

    「ツール」→「オプション」とクリック、→「セキュリティ」タブを開き、→「ほかのアプリケーションが私の名前でメールを送信しようとしたら警告する」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。

  5. Windows XPの場合は、ファイヤーウォール機能を有効にする。

    「スタート」→「コントロールパネル」とクリック、→「ネットワーク接続」をダブルクリック、→「詳細設定」タブを開き、→「インターネットからのこのコンピュータへのアクセスを制限したり防いだりして、コンピュータとネットワークを保護する」にチェックを付け、→「OK」ボタン をクリックします。

  6. Internet Explorer/Outlook Express/Outlook 以外のブラウザとメーラーを使う。